ガーマンアノール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガーマンアノール
Jamaika-anolis-22.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : トカゲ亜目 Sauria
下目 : イグアナ下目 Iguania
: イグアナ科 Iguanidae
亜科 : アノールトカゲ亜科
Polychrotinae
: アノールトカゲ属 Anolis
: ガーマンアノール
A. garmani
学名
Anolis garmani
Stejneger, 1899
和名
ガーマンアノール
英名
Jamaican giant anole

ガーマンアノール(学名:Anolis garmani)は、爬虫綱有鱗目トカゲ亜目イグアナ科アノールトカゲ属に分類されるトカゲの一種。

分布[編集]

ジャマイカを原産地とする[1]

フロリダ西インド諸島台湾に移入分布している[1]

特徴[編集]

全長20-25cm。

昼行性で、昆虫等を捕食する。

外来種問題[編集]

近縁種のグリーンアノール小笠原諸島などに定着しており、生態系に大きな悪影響を与えている。本種は日本には定着していないが、野生化を未然に防止するために、外来生物法によって特定外来生物に指定されている。

脚注[編集]

関連項目[編集]