ガーナ航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Ghana Airways
IATA
GH
ICAO
GHANA
コールサイン
'
Ghana Airways DC-10-30 9G-ANB DUS 2003-8-7 2.png
設立日 1958年07月04日 (1958-07-04)
運航開始日 1958年07月15日 (1958-07-15)
運航停止日 2005
ハブ空港
拠点空港
親会社 ガーナ政府 (100%)
本拠地 ガーナ アクラ
外部リンク www.ghanaairways.com (閉鎖)

ガーナ航空(Ghana Airways)はガーナ共和国にあった航空会社1958年より首都アクラに本拠地をおいて運航をしていたが、2004年にすべての路線を閉鎖して会社は清算された。現在ガーナではガーナ国際航空フラッグキャリアとして航空便の運航を行っている。

コードデータ[編集]

  • IATAコード: GH
  • ICAOコード: GHA
  • コールサイン: GHANA

歴史[編集]

ガーナ航空は1958年6月4日に設立され、1958年7月15日より西アフリカ航空会社よりガーナを拠点とした国内線と国際線を引き継ぐ形で運航を開始した。しかし、その後国内線は1991年9月に運航が停止された。

2000年代に入ると、ガーナ航空はカナダスカイサービス航空からエアバスA330を、アメリカ合衆国ワールド・エアウェイズからMD-11をそれぞれチャーターして北米路線の運航に充てた。2003年後半にはメンテナンス上の問題からDC-10を運航できず、ハワイアン航空のDC-10を購入するまで長距離路線の多くを休止せざるを得なくなった。

2004年7月28日からは安全面での理由からアメリカへの乗り入れが禁止され、同年8月13日ガーナ航空の役員会は解散しチケットの販売も行われなくなった。ガーナ航空清算後はガーナ国際航空がガーナ政府とアメリカの個人投資家と提携し航空サービスを展開している。

就航都市[編集]

ガーナ航空のDC-10型機

アフリカ

アジア

ヨーロッパ

北アメリカ

就航予定都市[編集]

関連項目[編集]