ガーナ国際航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガーナ国際航空
 Ghana International Airlines
IATA
G0
ICAO
GHB
コールサイン
GHANA AIRLINES
Ghana International Airlines Boeing 757-200 Eimers.jpg
設立日 2005
運航停止日 2010/5/13
ハブ空港 コトカ国際空港
同盟 未加盟
保有機材数 1
就航地 4
本拠地 ガーナの旗ガーナ,アクラ
代表者 Gifty E. Annan-Myers, Acting C.E.O.
外部リンク http://www.fly-ghana.com/

ガーナ国際航空( - こくさいこうくう、英語: Ghana International Airlines)は、2005年から2010年まで運行していたガーナコトカ国際空港を本拠地とする航空会社[1][2]。同国のフラッグ・キャリアであった。

概要[編集]

ガーナ国際航空はガーナ政府と個人投資家の出資で2005年に設立。アメリカ合衆国スカイウエスト航空の創設者やケニア航空の前CEOを経営陣に迎え、2005年10月29日にロンドン・ガトウィック空港に就航。ヨハネスブルグ(季節運航)、デュッセルドルフの3都市に就航していた。

機材[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ "[1]." Joy FM - Government to take firm decision on GIA
  2. ^ “Directory: World Airlines”. Flight International: p. 86. (2007年4月3日)