ガマズミ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガマズミ属クロンキスト体系
Viburnum odoratissimum var awabuki2.jpg
サンゴジュV. odoratissimum var. awabuki
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : キク亜綱 Asteridae
: マツムシソウ目 Dipsacales
: スイカズラ科 Caprifoliaceae
: ガマズミ属 Viburnum
  • 本文参照

ガマズミ属(ガマズミぞく、Viburnum)はスイカズラ科APG植物分類体系ではレンプクソウ科)の属のひとつ。多くは、落葉性または常緑の木本で、世界の亜熱帯から温帯にかけ150種ほどが分布する。日本には15種ほど自生する。

特徴[編集]

は単葉(3裂するものもある)で対生。茎頂または葉腋に散房または円錐花序をつくる。は普通径2~3mmの小さいものであるが、ヤブデマリのように花序の周囲部が無性の装飾花になる(見かけはアジサイに似る)ものもあり、すべて装飾花になった栽培品種にオオデマリがある。果実核果で赤、黒などに熟す。

オオデマリ、サンゴジュなど多数の種が花や実を観賞するため、また庭木として栽培される。花には芳香があるものもある。実は食用になるものもあり(しかし弱い毒性をもつものもある)、ガマズミ果実酒の材料にされる。

代表的な種[編集]