レンプクソウ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レンプクソウ科
レンプクソウ
レンプクソウ Adoxa moschatellina
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: マツムシソウ目 Dipsacales
: レンプクソウ科 Adoxaceae
  • レンプクソウ属 Adoxa

レンプクソウ科(—か、Adoxaceae)は双子葉植物綱マツムシソウ目の植物の科で、クロンキスト体系以前には小さい多年草であるレンプクソウ Adoxa moschatellina 一種のみからなっていた。しかしAPG植物分類体系ではガマズミ属 Viburnumニワトコ属 Sambucus (これまでスイカズラ科とされていた、ほとんどが木本)も含み、3属、150ないし200種を擁する。

レンプクソウは日本を含むユーラシアの温帯から寒帯にかけて分布する。春先に花弁が4列したものが中央に1輪花弁が5裂したものがその周囲に4輪固まって咲くため、日本では連福草(れんぷくそう)というおめでたい名前が付けられているが、ラテン語のAdoxaは「何の取り柄もない」という素っ気ない意味である。