ガナ・ワルスカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガナ・ワルスカ

ガナ・ワルスカGanna Walska、ガンナ・ワルスカとも、1887年6月24日 - 1984年3月2日[1]は、アメリカ合衆国の元オペラ歌手、園芸家である。彼女は、歌手としては才能の多大な欠如を指摘されたが、園芸家として高名になった[2]

生涯[編集]

ガナ・ワルスカは本名をHanna Puaczといい、当時はロシア帝国領だったブレストポーランド系の家庭に生まれた。

彼女はオペラ歌手を目指していた。オーソン・ウェルズの映画『市民ケーン』では、ワルスカの4番目の夫、ハロルド・マコーミックが彼女の歌手としての才能の明白な欠如が知れ渡っていたにもかかわらず、大々的に宣伝を打ったことを取り上げて、ケーンの2番目の妻であるスーザン・アレキサンダーのモデルに加えている。

映画評論家のロジャー・エバートは、『市民ケーン』のDVD解説において、才能のないスーザンの人物造形は、ワルスカに基づいていると指摘している。マコーミックは多額の金をワルスカのボイスレッスンに費やした上に、1920年にはシカゴ・オペラ座(en:Lyric Opera of Chicago)でルッジェーロ・レオンカヴァッロ作のオペラ『ザザ』(en:Zazà)を製作して彼女を主役に配置した。彼女はドレスリハーサル中に演出家と衝突し、舞台の上演前に降板してしまったという。ワルスカの声には凄まじいものがあったが、マコーミックだけには快かったのであろうと当時の人々は評している。

1941年にワルスカは当時の夫であったテオス・バーナードの勧めで、チベット仏教の僧侶たちを受け入れるためにサンタバーバラに37エーカーの土地(Cuesta Lindaと呼ばれていた)を購入した。しかし、戦時中でビザ発給が制限されたために、僧侶たちはアメリカに入国することができなかった。1946年にバーナードと離婚した後、彼女はこの地を『ロータスランド』(en:Lotusland)と改名し、余生をこの広大な庭園の維持に捧げた。

ワルスカは1984年3月2日にロータスランドで死去し、遺産をロータスランドの維持管理基金として残した。

なお、ワルスカにはマコーミックを含めて6回の結婚歴がある。

  1. Archadie d'Eighnhorn(ロシアの男爵で軍人、1914年に彼の飲酒癖がもとで離婚)[3]
  2. ジョゼフ・フランケル博士(Dr.Joseph Fraenkel、ニューヨークの内分泌学の権威、1920年に死別)
  3. アレクサンダー・スミス・コクラン(en:Alexander Smith Cochran、カーペット業界の大立者で富豪、1920年に離婚)
  4. ハロルド・マコーミック(Harold Fowler McCormick、実業家、1922年に結婚し1931年に離婚)
  5. ハリー・マシューズ(en:Harry Grindell Matthewsイギリス発明家1941年に死別)
  6. テオス・バーナード(en:Theos Casimir Bernardヨーガ及びチベット仏教の研究者、1946年離婚)

彼女には1934年フランス政府からレジオン・ドヌール勲章を受章したのを始めとして、数回の受章歴がある。

エピソード[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 誕生日は、彼女の所持していたパスポートのうちの1枚からの推定とされる。
  2. ^ スイレンの一種、「マダム・ガナ・ワルスカ」は彼女の名に因んでいる。
  3. ^ Countess Reincarnate, Time, 29 Jan. 1934(英語)
  4. ^ Pink Serpent eggとしても知られている。
  5. ^ このエッグの次の持ち主は、マルコム・フォーブスである。彼は1965年にオークションでこのエッグを購入した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]