カール=オットー・アルベルティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カール=オットー・アルベルティ
本名 Karl-Otto Alberty
生年月日 1933年11月23日(81歳)
出生地 ナチス・ドイツの旗 ドイツ国 ベルリン
国籍 ドイツの旗 ドイツ
主な作品
大脱走
バルジ大作戦
戦略大作戦

カール=オットー・アルベルティ(Karl-Otto Alberty 1933年11月13日- )は、ドイツ俳優。いくつかの出演作では、名を分かち書きしたカール・オットー・アルベルティ(Karl Otto Alberty)、英語風のチャールズ・アルバート(Charles Albert)あるいはチャールズ・アルベルティ(Charles Alberty)、イタリア語風のカルロ・アルベルティ(Carlo Alberti)など、複数の別名義も使用した。また姓Albertyについて、アルベルティの他にアルバーティとカタカナ表記する例も見られる。

経歴[編集]

1933年11月13日ベルリンにて生を受ける。高校卒業後は服飾関係の道に進むが、まもなくアマチュアのミドル級ボクサーとなった。1959年コンスタンツ市立劇場英語版に出演したことから俳優としての道を歩み始める。その後はベルリンに戻り、1961年の映画『Und sowas nennt sich Leben』への出演が映画デビューとなる。1962年からは海外での出演も増え始め、様々な映画の脇役を演じた。1963年には映画『大脱走』にてバートレット少佐(演:リチャード・アッテンボロー)を逮捕する親衛隊保安部将校シュタインナッハを演じたことでハリウッドでのデビューを果たした。

幅広の顔やボクシングの試合で骨折し歪んだ鼻という強面、そしてホワイトブロンドの髪やドイツ訛りの強い英語などいかにもドイツ人らしい特徴から、彼はしばしば悪役たるナチス・ドイツ軍人を演じた。『バルジ大作戦』(1969年)、『地獄に堕ちた勇者ども』(1969年)、『戦略大作戦』(1970年)などがドイツ軍人役としての代表作である。『空軍大戦略』(1969年)でもドイツ空軍参謀長ハンス・イェションネク将軍を演じた。主にドイツイタリアで活動し、戦争映画以外にもドラマコメディ、あるいはマカロニ・ウェスタンなど様々な映画に出演した。ドイツではテレビのレギュラー番組を持っていた。

現在まで1988年のテレビドラマ『戦争の黙示録』が最後の出演となっている。

主な出演作[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1963 大脱走
The Great Escape
シュタインナッハ
1965 バルジ大作戦
Battle of the Bulge
ディーペル少佐
1966 パリは燃えているか
Paris brûle-t-il?
1969 空軍大戦略
Battle of Britain
ハンス・イェションネク将軍
サンタ・ビットリアの秘密
The Secret of Santa Vittoria
オットー
地獄に堕ちた勇者ども
La Caduta degli dei
1st Officer Wehrmacht
1970 戦略大作戦
Kelly's Heroes
タイガー戦車の戦車長
1971 ロンメル軍団を叩け
Raid on Rommel
ハインツ・シュレーダー大尉
1972 スローターハウス5
Slaughterhouse-Five
ドイツのガード
1983 戦争の嵐
The Winds of War
ゲシュタポのエージェント テレビ・ミニシリーズ
1988 戦争の黙示録
War and Remembrance
Rudolf Haindl テレビ・ミニシリーズ

参照[編集]

外部リンク[編集]