カーター・ファミリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カーター・ファミリーThe Carter Family)は、1927年から1943年にかけて活動したカントリー・ミュージック・バンド。ブルーグラスカントリー等、ポピュラー音楽全般に大きな影響を与えた。1960年代に起きたフォーク・リヴァイヴァルにおいても同様に影響を与えている。

活動の記録[編集]

カーター・ファミリーは、アルヴィン・プリーザント・デレーニー・カーター(A.P. Carter、1891-1960、以下「A.P.カーター」)、妻のサラ・ダウアティー・カーター(Sara Carterオートハープとギター、1898-1979)、メイベル・アディントン・カーター(Maybelle Carter、ギター、1909-1978)の3人で活動を始めた。メイベルはA.P.カーターの弟エズラ(エック)・カーターの妻である。 3人はヴァージニア南西部の生まれで、ゴスペルのハーモニーとシェイプ・ノートによる歌唱曲に育まれ、それにメイベルの革新的なギター奏法を加えて、バンドは生まれた。

1927年7月31日が、カーター達の活動開始のきっかけの日である。この日、A.P.カーターは、サラと、その当時妊娠していたメイベルを説得し、ヴァージニアのメイス・スプリングスからテネシーのブリストルまでオーディションを受ける為に旅をすることとなったのである。オーディションでは録音1曲につき50ドルを受け取った。

オーディションを行ったのはレコーディング・プロデューサーのラルフ・ピア(Ralph Peer)で、生まれて間もないアメリカのレコード産業の為の新しいタレントを探していた。1927年の秋に「Wandering Boy」と「Poor Orphan Child」を、1928年に「The Storms Are on the Ocean」と「Single Girl, Married Girl」がビクターから発売され、大いに人気を博した。

1928年5月27日、ピアは3人を連れてニュージャージーのキャムデンへと向かい、後にカーター・ファミリーの代表曲となる多くの楽曲を録音した。この時に録音された「Wildwood Flower」は、カントリーとブルーグラスの歴史的な代表曲として歌い継がれている。

A.P.カーターは新曲を求めてヴァージニア南西部を旅してまわった。その途中、キングスポートの黒人ギタープレーヤー、レズリー(Esley)・リドルと知り合い、ともに旅をする。リドルのブルースギター演奏スタイルにカーター達は影響を受けたが、特にメイベルはリドルの演奏から新しいギター奏法を学んだ。

1931年、カーター達はテネシーのナッシュビルで、カントリーの大御所、ジミー・ロジャーズJimmie Rodgers)とも録音をしている。

1938年から1939年にかけての冬、カーター・ファミリーはテキサスのデルリオに向かった。そして、国境を越えたメキシコのVilla Acuña(現在のCiudad Acuña)にあるボーダー・ラジオ局XERA(後のXERF)で1日2回の番組を持つ。1939年から1940年にかけては、ジューン・カーター(June Carter、Ezraとメイベルの真中の娘)も加わってテキサスのサンアントニオに住み、番組は録音されて他のボーダー・ラジオ局(XELO、XEG、XERB、XEPN)にも配信されるようになった。

1942年秋、カーター達は番組を1年契約でノースカロライナのシャーロットにあるラジオ局WBTへと移した。番組は朝5:15から6:15の日の出の頃に放送されていた。またこの時期、地元の学校や教会で演奏を披露することもよくあった。

しかし、1943年、サラがカリフォルニアに永住することとなり、バンドは解散した。

1960年代頃まで、メイベルは、娘のアニータ、ジェーン、ヘレンと組み、「マザー・メイベル & カーター・シスターズ」(Mother Maybelle and the Carter Sisters)として演奏を行った。また、A.P.カーター、サラとふたりの子ども達(ジョーとジャネット)は、1950年代、何曲かを録音している。

カーター・ファミリーの音楽性[編集]

ハーモニーを活かした伝承曲[編集]

カーター・ファミリーは、アメリカ南部の山岳地帯で歌い継がれてきたバラッド等のイギリス系民謡や、それに即した自作の楽曲をレパートリーとしていた。歌詞の内容は、宗教や家族を主題とした道徳的・保守的なものが多かったが、歌唱法は伝統的な様式とは異なり、ゴスペルにみられるようなハーモニーを加えた。 ハーモニーは、今日においても、カントリー・ミュージックの重要な特徴のひとつとなっている。

カーター・スタイル・フラットピッキング[編集]

カーター・ファミリーは、歌うだけではなく、サラのオートハープとメイベルのギターを伴奏に加えた。特にメイベルのギター奏法は革新的であった。カーター・ファミリー以前はギターをリード、あるいは、単独の楽器として用いることは無かったのだが、コード・ストロークでリズムを刻みつつ、低音弦を爪弾いてベース音やメロディーを織り込む奏法を編み出し、これは「カーター・スタイル」フラットピッキング」(俗に「カーター・ファミリー・ピッキング」という。単に「カーター・ファミリー」とも)、正式には下段で言及されるように「チャーチリック・ピッキング」として知られている。

カントリー・ミュージックばかりではなく、スティール・ストリング・ギターの主要な奏法となっており、ドグ・ワトソン(Doc Watson)やクラレンス・ホワイト(Clarence White)、ノーマン・ブレイク(Norman Blake)達によって、このフラットピッキング奏法はより高度なものに仕上げられた。また、ボブ・ディランをはじめ、ほとんどのフォーク系シンガーの伴奏の際にも(特にベース・ランニングの面において)この奏法は用いられる。

カーター・ファミリー・ピッキング[編集]

カーター・ファミリー・ピッキングはチャーチリック・ピッキングと混同される事がよくあるが、この2つの奏法は異なるものである。チャーチリック・ピッキングはフラットピックを使うが、カーター・ファミリー・ピッキングは使わない。カーター・ファミリー・ピッキングはサムピック及び、何も付けない状態の親指で低音部を弾き、人差し指で高音部をピッキングする。この2つの違いをふまえると、カーター・ファミリー・ピッキングを行うシンガーはほとんどいない。

評価[編集]

フォーク・リヴァイヴァル[編集]

1960年代のフォーク・リヴァイヴァルにおいて、カーター・ファミリーが集め、作った楽曲が多く取り上げられた。例えば、先駆者であったジョーン・バエズの初期のアルバムには、「Wildwood Flower」、「Little Moses」、「Engine 143」、「Little Darling, Pal of Mine」、「Gospel Ship」が収められている。

栄誉[編集]

関連項目[編集]

  • シェイプ・ノート(shape note) - 三角・四角・菱形・円の記号を使い、楽譜を読み易くした記譜法。19世紀、アメリカ南部の歌唱学校において賛美歌の楽譜集によく用いられた。