ドク・ワトソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドク・ワトソン
Doc Watson at Sugar Grove Music Festival in 2009}
Doc Watson at Sugar Grove Music Festival in 2009
基本情報
出生 1923年3月3日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ノースカロライナ州ディープキャップ英語版
死没 2012年5月29日(満89歳没)
ジャンル フォークソング
担当楽器 ギターハーモニカ
活動期間 1964年 - 2012年

ドク・ワトソン(Doc Watson、1923年3月3日 - 2012年5月29日)は、アメリカ合衆国ギタリスト盲目のギタリスト、フォークシンガーとして知られた。ブルーグラス・ギター(フラット・ピッキング・ギター)の第一人者。

人物[編集]

1923年3月3日アメリカ合衆国ノースカロライナ州ディープキャップ英語版出身。家族が音楽好きの一家であり、物心がついた頃より様々な音楽に親しんでいる。

プロとしての活動は1954年頃だが、レコード・デビューは1964年と、40歳を過ぎてからの遅咲きであった。

息子のマール・ワトソンギター)と共にレコーディング、ツアーを続けていたが、1985年にマールが事故で急逝。しかし、その悲劇を乗り越えて、数多くのセッションやライブ活動を精力的に展開した。

2012年5月29日、ノースカロライナ州ウィンストン・セーラムウェイクフォレストバプティストメディカルセンター英語版にて逝去[1]。89歳没。

演奏スタイル[編集]

クロス・ピッキングを駆使したフィドル・チューンの曲芸的な速弾きは、ベース・ラインが非常に凝っており、クラレンス・ホワイトトニー・ライスノーマン・ブレイクダン・クレアリーらを始め、多くのブルーグラス・ギタリストたちに影響を与えた。

脚註[編集]

  1. ^ Guitar legend dies ウィンストン・セーラムジャーナル 2012年5月30日閲覧