カルローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カルローズ (Calrose) は、“カリフォルニアのバラ”と呼ばれるカリフォルニア州発祥の中粒種。日本の米と発祥を同じくするジャポニカ種(短粒種)であるが、穀粒の長さはタイ米などの長粒種(インディカ種)と日本米の短粒種の中間である。

1948年にカリフォルニア州で開発され、中粒種を中心としたカリフォルニア州の米産業の基盤となった。現在カリフォルニア州で栽培されている90%以上の米が中粒種であり、その約80%はカルローズである。アメリカ国内使用及び大韓民国台湾香港カナダスペインなどをはじめとする40カ国以上に輸出されている為、世界ではよく知られている。

特徴としては中粒種であるため、短粒種と比べると水分値が低く、ねばり気も少ない。逆にタイ米などの長粒種と比べるとしっとりしている。また、香りや味を吸収しやく、冷えた状態でも比較的味が落ちにくい。世界各地において地中海料理西欧料理アジア料理の中でパエリアリゾットスープカレードリアサラダなどに使われている。