ジャポニカ米

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャポニカ米
Hinohikari hulled.jpg
短粒種の玄米(ヒノヒカリ品種)
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 単子葉植物綱 Liliopsida
: イネ目 Poales
: イネ科 Poaceae
亜科 : タケ亜科 Bambusoideae
: イネ属 Oryza
: イネ O. sativa
亜種 : ジャポニカ O. s. subsp. japonica
学名
Oryza sativa subsp. japonica

ジャポニカ (japonica) は、イネの品種群の一つである。

他品種群との対比[編集]

イネの栽培種にはアフリカイネ とアジアイネ があり、アジアイネはさらに生態型によってインディカおよびジャポニカに分類される。ジャポニカはさらに、温帯ジャポニカと熱帯ジャポニカ(ジャバニカ)に分けられる。

ジャポニカとインディカの系統上の分岐は栽培化以前(7000年以上)とされ、それぞれ独自に野生イネ より栽培化されたと考えられている(インディカは一年生野生イネ から栽培化されたという説もある)。栽培地域が地理的に隔たっていたため、両系統の遺伝情報に多くの変異が蓄積されており、二代雑種においては生殖的隔離が見られる。近年、出土遺体のDNA解析によって、ジャポニカ種が長江流域で栽培化されたことが分かっている。

インディカとジャポニカはの粒型によって分けられるという認知が広く浸透しているが、ジャポニカ種には長粒品種と短粒品種が混在しており、短粒品種をジャポニカとする従来の認知は訂正される必要がある。

日本に稲作が伝来した経緯については稲作の項を参照のこと。

利用[編集]

米粒は円形で中粒もしくは短粒の形状である。主成分であるデンプン中のアミロース含量がインディカに比べ低めでアミロペクチン含量が高めである。炊くと水分を多く含むため、ふんわりと柔らかく、つやが出る。独特の弾力と粘り気はインディカにはない大きな特徴である。よく噛むことで甘みが増す。日本では炊いた米()の食味は人々に好まれ、主食としておかずと独立して食べる習慣が出来、また冷めても味質が劣化しにくい事から、おにぎり寿司弁当といった日本の米食文化の発展を促した。

栽培[編集]

寒冷な気候に比較的強く、インディカに比べて冷害も少ない。湿潤な温帯ないしは夏期に比較的高温になる亜寒帯に適している。日長特性があり典型的な短日植物で、開花期の極端な高温(36℃前後)に曝されると受粉障害を起こすため、逆に熱帯での栽培は難しい。

生産地[編集]

日本型イネとも言われるジャポニカは、日本や朝鮮半島中国東北部台湾北部(中国・台湾人が主に食べているのはジャポニカである)、またオーストラリアの南東部やアメリカ西海岸エジプト[1]で栽培されている。またジャポニカ米の一種であるアルボーリオ米(Arborio)がイタリアで栽培されている。北緯30度以北及び南緯30度以南で主に栽培されている。日本国内では品種改良が進み、さまざまな品種が栽培されている。代表的な品種については、Category:イネも参照。

生産量[編集]

世界のコメ生産量約5億トンのうち、15%に満たない。

脚注[編集]

  1. ^ 稲作に忍び寄る文化摩擦 - MSN産経ニュース 2010.8.22 03:39

関連項目[編集]