カルメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
作者メリメによる水彩画

カルメン』(Carmen)は、フランスの作家プロスペル・メリメ1845年に「両世界評論」に発表した、全4章からなる中編小説、及びそこに登場する女性の名前である。1847年に「アルセーヌ・ギヨ」、「オーバン神父」とともに初めて単行本で発売される。『両世界評論』誌上に発表された際、ボヘミア人について記述した第4章がなかったが、単行本には差し加えられている。最新の日本語訳書は、工藤庸子訳が新書館で刊行されている。

概要[編集]

メリメは執筆前に2回スペイン旅行をしており、その1回目の旅行の際に「カルメン」の題材を思いついた。作品では作者に仮託される考古学者がスペインで出会ったある山賊の身の上話を紹介するという体裁でカルメンの物語が描かれる。彼はカルメンという情熱的なジプシー女に振り回されたあげく、悪事に身を染めてお尋ね者となり、ついには死刑となる。

原作ではスペインの民族構成の複雑さや、下層社会の抱える困難、荒涼とした風土などを背景に、ある孤独で勤実なバスク人の男が情欲のため犯罪に加担し、やがて破滅するというストーリーであり、基調としてはけっして華やかな物語ではない。一方でこの原作をモチーフとした派生作品では恋愛と嫉妬を中心にすえ、また闘牛士やフラメンコなどスペインを代表する「明るさ」を全面に出すことで物語の印象を一新している。

心に影をもち、激しく恋に燃えるが心変わりしやすく、男にとっては危険な女というカルメンのイメージは、ジョルジュ・ビゼーのオペラ『カルメン』(1874年初演)でさらに強調して描かれることになる。竜騎兵ドン・ホセはカルメンに誘惑され、婚約者を捨てて軍隊を脱走する。しかしカルメンは闘牛士に心を移し、嫉妬に狂ったドン・ホセは匕首を持って追いかけ、カルメンを刺し殺すのである。

派手やかなオペラは大衆受けし、オペラのストーリーをもとに映画も数多く作られた。現在一般にカルメンのイメージとして浸透しているのは、こうしたカルメン像であろう。カルメンという名はスペインではごくありふれた女性名であるが、こうして世界中に知られるようになったことにより、「カルメン」的性格がスペイン女性の特徴のように言われたりもする。もっとも設定のようにカルメンはジプシーの女(ボヘミア人)でありスペインにとっては異邦人であり、ドン・ホセがスペインの「内なる外」バスク少数民族であり、また語り手である「私」もまたフランス人であることなど、この物語の背景にある複雑な「内と外」の問題はそのままヨーロッパ社会のはらむ文化の「内と外」の緊張感を構成しておりこの小説の重要なプロットとなっている。

文献情報[編集]

日本語訳
  • プロスペル・メリメ 『カルメン』 杉捷夫訳、岩波書店〈岩波文庫〉、1960年12月、改版、全108ページ。ISBN 978-4003253434
  • プロスペル・メリメ 『カルメン』 堀口大學訳、新潮社〈新潮文庫〉、1972年5月、改版、全379ページ。ISBN 978-4102043011
関連文献
  • 「メリメの文化論」奥田宏子(神奈川大学人文研究2009)[1][2]
  • 「『カルメン』はどのように作られているか」末松壽(九州大学フランス語フランス文学研究会)[3]1[4]3[5]5[6]6[7]全体については[8]
  • 「プロスペル・メリメの『カルメン』と芥川龍之介の『偸盗』」湯原かの子(活水論文集. 音楽学部・共通教養・一般教育編 活水女子大学)[9]
  • 「ビゼー : カルメン成立過程とハバネラ : 引用と構造」宮本賢二朗(環境と経営 : 静岡産業大学論集 静岡産業大学)[10]