カルカ河畔の戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カルカ河畔の戦い
チンギス・カンの西征
MongolCavalrymen.jpg
モンゴル帝国弓騎兵
戦争モンゴル帝国のグルジア・アルメニア侵攻英語版
年月日1223年5月31日
場所カルカ河畔、ウクライナ
結果モンゴル帝国の圧勝
交戦勢力
モンゴル帝国 ルーシ諸公国
キエフ公国 / ガーリチ・ヴォルィニ公国 / チェルニゴフ公国 / スモレンスク公国
ポロヴェツ族
指揮官
ジェベ
スブタイ
ムスチスラフ3世
ダニール・ロマノヴィチ
ムスチスラフ・ムスチスラヴィチ
ムスチスラフ・スヴャトスラヴィチ(ru)
ヤルン
戦力
~20,000 35,000~
損害
25,000~

カルカ河畔の戦いとは1223年ジェベスブタイ両将軍率いるモンゴル軍とポロヴェツルーシ連合軍との間で行われた戦いで、連合軍は数で上回っていたにもかかわらずモンゴル軍に惨敗した。

概要[編集]

1206年モンゴル高原を統一したチンギス・カンは周辺の西夏といった国への侵略を始め、1219年には中央アジア遠征を開始した。当時中央アジアを支配していたホラズム・シャー朝は整然と侵入してきたモンゴル軍に敗北を重ね、国王アラーウッディーン・ムハンマドアム河を越え西へと逃走した。チンギス・カンはこれに対し、いわゆる「四狗」(ドルベン・ノガイ)の内の二人、ジェベスブタイムハンマドの追討を命じた。

命令を受けたジェベスブタイ両将軍は二つのテュメン(万人隊)を率いて西進を始め、1221年にはグルジアまで進んだ。肝心のムハンマドは1220年にカスピ海中の島ですでに客死していたが、両将軍はさらに進撃を続けカフカース北麓の遊牧民レズギ人英語版アラン人チェルケス人アディゲ人英語版, カバルド人英語版)などを破りキプチャク草原に入った[1]。この事態にキプチャク草原の遊牧民ポロヴェツ族は北西方面に避難を始め、そのうちコチャン・カンが妻の父であるガーリチ公ムスチスラフを説得しポロヴェツ・ルーシ連合軍を組織した。

連合軍は東へ進み、アゾフ海の北岸、カルカ川(現カリチク川)の河畔でモンゴル軍を迎え撃った。モンゴル軍は事前にポロヴェツ族の一部や「放浪民(プロドニキ)」と総称される特定の領主を持たないルーシ人を味方に引き入れていたものの、数量ではまだまだ劣っていた。しかし、もともと急造の連合軍である上、大軍である驕りもあってポロヴェツ・ルーシ連合軍は偽って退却を始めたモンゴル軍に対し安易に攻撃をしかけ、戦線が延びきったところで逆にモンゴル軍に包囲され大敗を喫した。モンゴル軍は敗走する連合軍を追ってなおも進んだが、1223年のヴォルガ・ブルガール侵攻に失敗した後、チンギス・カンの率いる本隊がモンゴル高原への帰還を始めたのに合わせてキプチャク草原を去った。

影響[編集]

指揮官であるジェベスブタイの内ジェベはモンゴル高原に帰還する途中病没するものの、スブタイは1236年に始まる「バトゥの西征」(モンゴル帝国の東欧侵攻英語版とも呼ぶ)で副将格として再びキプチャク草原に戻り、本格的にルーシに対する征服に取り掛かることになる。

脚注[編集]

  1. ^ Gabriel, Subotai The Valiant: Genghis Khan's Greatest General, p. 95.

関連項目[編集]