カエデチョウ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カエデチョウ科
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
亜目 : スズメ亜目 Passeri
小目 : スズメ小目 Passerida
上科 : スズメ上科 Passeroidea
: カエデチョウ科 Estrildidae
学名
Estrildidae (Bonaparte[1]1850)
シノニム

Estrildinae
Estrildini
Spermestidae

和名
カエデチョウ(楓鳥)
英名
Estrildid Finches
Palaeotropic Finches
Weaver Finches
Ploceid Finches
亜科

カエデチョウ科(Estrildini)は、鳥類スズメ目の科である。カエデチョウ(楓鳥)と総称されるが、狭義にはこの1種をカエデチョウと呼ぶ。よく知られた種の1つはブンチョウである。

特徴[編集]

旧世界(およびオーストラリア区)の熱帯に生息する。

アフリカカエデチョウ亜科は、近縁なテンニンチョウ属 Vidua托卵され、共進化の例として知られる。

系統と分類[編集]

Sorenson et al. (2004)[2]より。従来の属のうち単系統でないものは複数の単系統の属に分割されている。



ハタオリドリ科 Ploceidae



カエデチョウ科
カエデチョウ亜科




ムシクイキンパラ属 Parmoptila



クロキンパラ属 Nigrita





オリーブキンパラ属 Nesocharis



キバラカエデチョウ類 Coccopygia





オトヒメチョウ Mandingoa



ハゴロモキンパラ属 Cryptospiza




カエデチョウ属 Estrilda







タネワリキンパラ属 Pyrenestes



アオハシキンパラ属 Spermophaga





セイキチョウ属 Uraeginthus



トキワスズメ類 Granatina






ハイイロアラレチョウ属 Euschistospiza



アラレチョウ属 Hypargos




ニシキスズメ属 Pytilia




チャバラアラレチョウ Clytospiza



コウギョクチョウ属 Lagonosticta







イッコウチョウ属 Amadina



ウズラスズメ属 Ortygospiza



ムネアカウズラスズメ Paludipasser



ベニスズメ属 Amandava




キンパラ亜科



Stagonopleura



? ワキアカスズメ Oreostruthus




キンセイチョウ属 Poephila



サクラスズメ Aidemosyne



キンカチョウ Taeniopygia



コマチスズメ Emblema



カノコスズメ Stizoptera



コモンチョウ Bathilda



アサヒスズメ属 Neochmia







ヒメシチホウ Lemuresthes




ギンバシ類 Euodice



キンパラ属 Lonchura






オキナチョウ Odontospiza



シッポウ類 Spermestes





ムナジロシマコキン Heteromunia




セイコウチョウ属 Erythrura





テンニンチョウ科 Viduidae




姉妹群はおそらくテンニンチョウ科で、次いでハタオリドリ科が近縁である。これらはスズメ上科に含まれる。

カエデチョウ亜科 Estrildinae (英語: waxbills) とキンパラ亜科 Lonchurinae (mannikins) の2亜科に分かれる[3]。カエデチョウ亜科は数種を除きアフリカに住むが、東洋区全域のベニスズメインドシマキンカアラビア半島アラビアカエデチョウは例外的にアジアに生息する。キンパラ亜科はオセアニアを中心に、熱帯アジア・アフリカ(マダガスカルインド洋の離島を含む)に広く生息する。イッコウチョウ属 Amadinamannikins に似ておりどちらの亜科に属すか論争があったが、カエデチョウ亜科のようである。

伝統的には、カエデチョウ科全体がカエデチョウ亜科として、広義のハタオリドリ科に含まれていた。Steiner (1955) はカエデチョウ亜科を Spermestidae 科として独立させ、のちにカエデチョウ科と呼ばれるようになった。

テンニンチョウ属(かつてのハタオリドリ科テンニンチョウ亜科)と近縁であり、同じ分類群とされることもあった。Wolters (1957; 1960) はカエデチョウ亜科とカエデチョウ亜科をハタオリドリ科からカエデチョウ科として分離した。Sibley & Ahlquist (1990) は2亜科を2族とし、カエデチョウ亜科にまとめた。カエデチョウ亜科はカエデチョウ族 Estrildini とされていた。

属と種[編集]

属と種は国際鳥類学会議 (IOC)[4]より。30属140種。

カエデチョウ亜科 Estrildinae[編集]

キンパラ亜科 Lonchurinae[編集]

外部リンク[編集]

出典[編集]

  1. ^ en:Charles Lucien Bonaparte or en:José Bonaparte
  2. ^ Sorenson, M.D.; Balakrishnan, C.N.; Payne, R.B. (2004), “Clade-Limited Colonization in Brood Parasitic Finches (Vidua spp.)”, Syst. Biol. 53 (1): 140–153, http://sysbio.oxfordjournals.org/content/53/1/140.full 
  3. ^ Baptista, L.F.; Lawson, R.; et al. (1999), “Relationships of some mannikins and waxbills in the estrildidae”, Journal of Ornithology 140 (2): 179–192, doi:10.1007/BF01653597 
  4. ^ Gill, F.; Donsker, D., eds. (2010), “Dippers & sunbirds to pipits”, IOC World Bird Names, version 2.5, http://www.worldbirdnames.org/n-dippers.html 
  5. ^ a b IOC World Birds List 2.5 での Estrilda erythronotosEstrilda charmosyna の英語通俗名には疑問があるので Sibley-Monroe Check-list に従った