オール・ザ・シングス・シー・セッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オール・ザ・シングス・シー・セッド
t.A.T.u.シングル
収録アルバム t.A.T.u.
B面 Stars、Ya Soshla S Uma
リリース 2002年8月18日
リリース日一覧を参照)
規格 8cmシングル、カセット・シングル
録音 2002年
ジャンル ポップ・ロックエレクトロポップ
時間 3分34秒
レーベル ユニバーサルインタースコープ
作詞・作曲 Sergio Galoyan、Trevor Horn、Martin Kierszenbaum、Elena Kiper、Valeriy Polienko
プロデュース Trevor Horn
t.A.T.u. シングル 年表
Prostye Dvizheniya
(2002年)
オール・ザ・シングス・シー・セッド
(2002年)
ノット・ゴナ・ゲット・アス
(2003年)
テンプレートを表示

オール・ザ・シングス・シー・セッド (All the Things She Said) 」はロシアの二人組の女性歌手t.A.T.u.の楽曲。

概要[編集]

この楽曲は、彼女たちの最初の英語のスタジオ・アルバム『t.A.T.u.』に収録され、最初の英語シングルとして2002年8月18日にリリースされた。各国の週間シングル・チャートでは、全英シングルチャートを始め、オーストラリアニュージーランドドイツイタリアスイスオーストリアデンマークアイルランドルーマニアなどで1位を獲得した。 2002年にはWWE所属だったプロレスラーリサ・マリー・バロン(ヴィクトリア)の入場曲として使用された。