オークランド男爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オークランド男爵: Baron Auckland)は、イギリス男爵位。ウィリアム・イーデンWilliam Eden)が、アイルランド貴族およびグレートブリテン貴族として叙位されたことに始まる。以後現在までイーデン家によって保持されている。

ウィリアム・イーデンはアイルランド担当大臣Chief Secretary for Ireland)・在スペインイギリス大使商務院総裁President of the Board of Trade)などを務めた政治家で、1789年11月18日オークランド男爵Baron Aucklandアイルランド貴族)に、1793年5月22日カウンティ・オブ・ダラムにあるウェスト・オークランドオークランド男爵Baron Auckland, of West Auckland in the County of Durhamグレートブリテン貴族)に叙された。

初代男爵が死去すると、次男のジョージ・イーデンGeorge Eden)が爵位を相続した。彼は商務院総裁・王立造幣局局長(Master of the Mint)・海軍卿First Lord of the Admiralty)・インドの総督を歴任し、1839年12月21日カウンティ・オブ・サリーにあるノーウッドのイーデン男爵Baron Eden, of Norwood in the County of Surrey)およびオークランド伯爵Earl of Auckland)に叙された。しかし生涯結婚しなかったため、この二つの爵位(ともに連合王国貴族)は一代限りで断絶した。なおニュージーランドオークランド、オークランド市内にあるイーデン・パーク、近郊にあるイーデン山Mount Eden)は彼に由来する。

3代男爵となったのは2代男爵の弟のロバートRobert Eden)である。彼は聖職者で、ソドー・アンド・マン主教Bishop of Sodor and Man)やバース・アンド・ウェルズ主教Bishop of Bath and Wells)を務めた。

3代男爵が死去すると、その長男で在カールスルーエ代理公使などを務めた外交官のウィリアム・ジョージが襲爵した。その長男のウィリアム・モートンが5代男爵に、ウィリアム・モートンの次男のフレデリック・コルヴィンが6代男爵となった。

6代男爵には子がなかったため、彼の歿後爵位は5代男爵の従弟であるジェフリー・モートンが相続した。次いでジェフリー・モートンの弟のテレンスが8代男爵に、テレンスの長男のイアン・ジョージが9代男爵となった。第10代となる現在のオークランド男爵はイアン・ジョージの息子であるロバート・イアン・バーナードで、1997年7月28日に襲爵した。

オークランド男爵 (1789年)[編集]

  • ウィリアム・イーデン (初代オークランド男爵) (1744年 - 1814年)
  • ジョージ・イーデン (第2代オークランド男爵) (1784年 - 1849年)
    • 1839年、オークランド伯爵に叙位。
  • ロバート・イーデン (第3代オークランド男爵) (1799年 - 1870年)
  • 第4代オークランド男爵ウィリアム・ジョージ・イーデン (1829年 - 1890年)
  • 第5代オークランド男爵ウィリアム・モートン・イーデン (1859年 - 1917年)
  • 第6代オークランド男爵フレデリック・コルヴィン・ジョージ・イーデン (1895年 - 1941年)
  • 第7代オークランド男爵ジェフリー・モートン・イーデン (1891年 - 1955年)
  • 第8代オークランド男爵テレンス・イーデン (1892年 - 1957年)
  • 第9代オークランド男爵イアン・ジョージ・イーデン (1926年 - 1997年)
  • 第10代オークランド男爵ロバート・イアン・バーナード・イーデン (1962年 - )
    • 爵位の推定相続人は10代男爵の従弟のヘンリー・ヴェイン・イーデン(1958年 - )

オークランド伯爵 (1839年)[編集]