オリンピックレスリング競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レスリング

夏季オリンピックにおけるレスリング競技は、1896年のアテネオリンピックから実施された。1900年パリオリンピックでは実施されなかったが、以降の夏季大会からは継続して実施されている。1896年当初の種目は男子グレコローマンのみで、男子フリースタイルは1904年セントルイスオリンピックから、女子フリースタイルは2004年アテネオリンピックから加わり[1]、2012年ロンドンオリンピックまでにそれぞれ25回、24回、3回の大会に参加した[2]

1980年のモスクワオリンピックでは、ソ連の双子の兄弟アナトリー・ベログラゾフセルゲイ・ベログラゾフが共に金メダルを獲得した[3]

実施階級[編集]

男子グレコローマン[編集]

階級/年 96 00 04 08 12 20 24 28 32 36 48 52 56 60 64 68 72 76 80 84 88 92 96 00 04 08 12 合計
ライトフライ級 7
フライ級 14
バンタム級 21
フェザー級 23
ライト級 24
ウェルター級 19
ミドル級 24
ライトヘビー級 20
ヘビー級 24
スーパーヘビー級 11
無差別級 1
種目数 1 0 0 4 5 5 6 6 7 7 8 8 8 8 8 8 10 10 10 10 10 10 10 8 7 7 7

男子フリースタイル[編集]

階級/年 96 00 04 08 12 20 24 28 32 36 48 52 56 60 64 68 72 76 80 84 88 92 96 00 04 08 12 合計
ライトフライ級 8
フライ級 15
バンタム級 23
フェザー級 24
ライト級 24
ウェルター級 22
ミドル級 23
ライトヘビー級 18
ヘビー級 24
スーパーヘビー級 11
種目数 0 0 7 5 0 5 7 7 7 7 8 8 8 8 8 8 10 10 10 10 10 10 10 8 7 7 7

女子フリースタイル[編集]

階級/年 96 00 04 08 12 20 24 28 32 36 48 52 56 60 64 68 72 76 80 84 88 92 96 00 04 08 12 合計
フライ級(48kg級) 3
ライト級(55kg級) 3
ミドル級(63kg級) 3
ヘビー級(72kg級) 3
種目数 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 4 4

メダル獲得数の国別一覧[編集]

国・地域
1 ソビエト連邦 ソビエト連邦 (URS) 62 31 23 116
2 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 (USA) 52 43 34 129
3 スウェーデン スウェーデン (SWE) 28 27 29 84
4 日本 日本 (JPN) 28 17 17 62
5 トルコ トルコ (TUR) 28 16 14 58
6 フィンランド フィンランド (FIN) 26 28 29 83
7 ロシア ロシア (RUS) 25 13 13 51
8 ハンガリー ハンガリー (HUN) 19 16 18 53
9 ブルガリア ブルガリア (BUL) 16 32 20 68
10 韓国 韓国 (KOR) 11 11 13 35
11 イラン イラン (IRI) 8 13 17 38
12 ルーマニア ルーマニア (ROU) 7 8 17 32
13 キューバ キューバ (CUB) 7 5 7 19
14 イタリア イタリア (ITA) 7 4 9 20
15 EUN EUN (EUN) 6 5 5 16
16 ポーランド ポーランド (POL) 5 9 11 25
17 エストニア エストニア (EST) 5 2 4 11
18 ドイツ ドイツ (GER) 4 12 8 24
19 ユーゴスラビア ユーゴスラビア (YUG) 4 6 6 16
20 アゼルバイジャン アゼルバイジャン (AZE) 4 5 5 14
21 フランス フランス (FRA) 4 4 9 17
22 スイス スイス (SUI) 4 4 6 14
23 ウズベキスタン ウズベキスタン (UZB) 4 3 1 8
24 イギリス イギリス (GBR) 3 4 10 17
25 ウクライナ ウクライナ (UKR) 3 5 6 14
26 北朝鮮 北朝鮮 (PRK) 3 2 5 10
27 カナダ カナダ (CAN) 2 7 7 16
28 中国 中国 (CHN) 2 3 3 8
29 東ドイツの旗 東ドイツ 2 3 2 7
エジプト エジプト (EGY) 2 3 2 7
31 グルジア グルジア (GEO) 2 4 9 15
32 ノルウェー ノルウェー (NOR) 2 2 1 5
33 チェコスロバキア チェコスロバキア (TCH) 1 7 7 15
34 東西統一ドイツ 東西統一ドイツ (EUA) 1 5 3 9
35 カザフスタン カザフスタン (KAZ) 1 4 9 14
36 西ドイツ 西ドイツ (FRG) 1 4 4 9
37 ギリシャ ギリシャ (GRE) 1 3 7 11
38 アルメニア アルメニア (ARM) 1 2 3 6
39 モンゴル モンゴル (MGL) 0 4 5 9
40 ベラルーシ ベラルーシ (BLR) 0 3 5 8
41 ベルギー ベルギー (BEL) 0 3 0 3
42 デンマーク デンマーク (DEN) 0 2 6 8
43 インド インド (IND) 0 1 3 4
44 レバノン レバノン (LIB) 0 1 2 3
オーストラリア オーストラリア (AUS) 0 1 2 3
46 キルギス キルギス (KGZ) 0 1 1 2
47 シリア シリア (SYR) 0 1 0 1
メキシコ メキシコ (MEX) 0 1 0 1
ラトビア ラトビア (LAT) 0 1 0 1
タジキスタン タジキスタン (TJK) 0 1 0 1
プエルトリコ プエルトリコ (PUR) 0 1 0 1
52 オーストリア オーストリア (AUT) 0 0 2 2
コロンビア コロンビア (COL) 0 0 2 2
リトアニア リトアニア (LTU) 0 0 2 2
55 マケドニア共和国 マケドニア共和国 (MKD) 0 0 1 1
パキスタン パキスタン (PAK) 0 0 1 1
モルドバ モルドバ (MDA) 0 0 1 1
スロバキア スロバキア (SVK) 0 0 1 1
スペイン スペイン (ESP) 0 0 1 1
Total 391 393 428 1212

メダル獲得数の国別一覧 フリースタイル[編集]

国・地域
1 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 (USA) 47 37 26 110
2 ソビエト連邦 ソビエト連邦 (URS) 28 15 13 56
3 日本 日本 (JPN) 20 12 13 45
4 トルコ トルコ (TUR) 17 11 8 36
5 ロシア ロシア (RUS) 13 5 4 22
6 スウェーデン スウェーデン (SWE) 8 10 8 26
7 フィンランド フィンランド (FIN) 8 7 10 25
8 ブルガリア ブルガリア (BUL) 7 17 11 35
9 イラン イラン (IRI) 5 11 14 30
10 韓国 韓国 (KOR) 4 9 7 20
11 スイス スイス (SUI) 4 4 5 13
12 イギリス イギリス (GBR) 3 4 10 17
13 ハンガリー ハンガリー (HUN) 3 4 7 14
14 北朝鮮 北朝鮮 (PRK) 3 2 3 8
15 EUN EUN (EUN) 3 2 2 7
16 カナダ カナダ (CAN) 2 6 6 14
17 ウクライナ ウクライナ (UKR) 2 3 4 9
18 ウズベキスタン ウズベキスタン (UZB) 2 3 0 5
19 フランス フランス (FRA) 2 2 5 9
20 キューバ キューバ (CUB) 2 1 4 7
21 エストニア エストニア (EST) 2 1 0 3
21 中国 中国 (CHN) 2 1 0 3
23 ドイツ ドイツ (GER)[4] 1 3 3 2
24 ユーゴスラビア ユーゴスラビア (YUG) 1 1 2 4
24 アゼルバイジャン アゼルバイジャン (AZE) 1 1 2 4
26 ルーマニア ルーマニア (ROU) 1 0 4 5
26 グルジア グルジア (GEO) 1 0 4 5
28 イタリア イタリア (ITA) 1 0 0 1
29 モンゴル モンゴル (MGL) 0 4 4 8
30 カザフスタン カザフスタン (KAZ) 0 3 3 6
31 ベルギー ベルギー (BEL) 0 3 0 3
32 東ドイツ 東ドイツ (GDR) 0 2 1 3
33 ポーランド ポーランド (POL) 0 1 4 4
34 西ドイツ 西ドイツ (FRG) 0 1 3 4
34 チェコスロバキア チェコスロバキア (TCH) 0 1 3 4
34 インド インド (IND) 0 1 3 4
36 オーストラリア オーストラリア (AUS) 0 1 2 3
37 ベラルーシ ベラルーシ (BLR) 0 1 1 2
38 アルメニア アルメニア (ARM) 0 1 0 1
38 ノルウェー ノルウェー (NOR) 0 1 0 1
38 シリア シリア (SYR) 0 1 0 1
38 タジキスタン タジキスタン (TJK) 0 1 0 1
43 ギリシャ ギリシャ (GRE) 0 0 2 2
44 オーストリア オーストリア (AUT) 0 0 1 1
44 コロンビア コロンビア (COL) 0 0 1 1
44 マケドニア共和国 マケドニア共和国 (MKD) 0 0 1 1
44 パキスタン パキスタン (PAK) 0 0 1 1
44 スロバキア スロバキア (SVK) 0 0 1 1
Total 193 193 205 591

メダル獲得数の国別一覧 グレコローマン[編集]

国・地域
1 ソビエト連邦 ソビエト連邦 (URS) 34 16 10 60
2 フィンランド フィンランド (FIN) 18 21 19 58
3 スウェーデン スウェーデン (SWE) 20 17 19 56
4 ハンガリー ハンガリー (HUN) 16 10 10 36
5 ブルガリア ブルガリア (BUL) 9 14 8 31
6 ルーマニア ルーマニア (ROU) 6 8 13 27
7 トルコ トルコ (TUR) 11 5 4 20
8 ポーランド ポーランド (POL) 6 8 6 20
9 ロシア ロシア (RUS) 5 5 4 14
10 イタリア イタリア (ITA) 5 4 9 18
11 韓国 韓国 (KOR) 5 2 5 12
12 ドイツ ドイツ (GER) 4 9 5 18
13 日本 日本 (JPN) 4 5 2 11
14 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 (USA) 3 6 5 14
15 ユーゴスラビア ユーゴスラビア (YUG) 3 5 4 12
16 キューバ キューバ (CUB) 3 4 2 9
17 イラン イラン (IRI) 3 1 1 5
18 エストニア エストニア (EST) 3 0 4 7
19 エジプト エジプト (EGY) 2 2 2 6
20 東ドイツ 東ドイツ (GDR) 2 1 1 4
20 ノルウェー ノルウェー (NOR) 2 1 1 4
22 チェコスロバキア チェコスロバキア (TCH) 1 6 4 11
23 ギリシャ ギリシャ (GRE) 1 3 5 9
24 西ドイツ 西ドイツ (FRG) 1 3 1 5
25 フランス フランス (FRA) 1 2 2 5
26 カザフスタン カザフスタン (KAZ) 1 1 1 3
26 ウクライナ ウクライナ (UKR) 1 1 1 3
28 アルメニア アルメニア (ARM) 1 0 0 1
28 アゼルバイジャン アゼルバイジャン (AZE) 1 0 0 1
38 ウズベキスタン ウズベキスタン (UZB) 1 0 0 1
31 東西統一ドイツ 東西統一ドイツ (EUA) 0 4 3 7
32 デンマーク デンマーク (DEN) 0 2 6 8
33 ベラルーシ ベラルーシ (BLR) 0 2 3 5
34 グルジア グルジア (GEO) 0 1 2 3
34 レバノン レバノン (LIB) 0 1 2 3
36 EUN EUN (EUN) 3 3 3 9
37 ラトビア ラトビア (LAT) 0 1 0 1
37 メキシコ メキシコ (MEX) 0 1 0 1
39 リトアニア リトアニア (LTU) 0 0 2 2
40 オーストリア オーストリア (AUT) 0 0 1 1
40 中国 中国 (CHN) 0 0 1 1
40 モルドバ モルドバ (MDA) 0 0 1 1
40 北朝鮮 北朝鮮 (PRK) 0 0 1 1
40 スイス スイス (SUI) 0 0 1 1
Total 174 175 175 523

2020年大会以降の中核競技からの除外問題[編集]

近代オリンピックにおいて第1回からただ1回を除いて続いてきたレスリングであるが、2013年2月12日、IOC(国際オリンピック委員会)理事会において選定された2020年夏季オリンピックの「中核競技」から除外され、同年5月のプレゼンテーションを経て9月のIOC総会で追加される1枠を改めてほか7競技と争うこととなった[5]

IOCはこの決定について、人気度や競技人口などがこの決定に繋がったと説明している。2008年北京オリンピックで実施された競技に関するIOCの評価報告ではチケット売上、取材申請数、テレビ視聴者数、報道記事数、FILA(国際レスリング連盟)やIOCのウェブページへのアクセス数などにおいて、近代五種テコンドーホッケーカヌーなど、投票の対象となった他競技[6]と比べて著しい遜色はなかったが[2]、2012年ロンドンオリンピックの評価報告では人気度やFILAの体制面などで低評価だったとされ、これが理由となった[7]。しかし、2013年5月29日に公表されたロンドン五輪の評価報告では、テレビ放送実績などによる5段階のランク分けでレスリングとテコンドーは4番目のDで並び、低評価ではあるもののEランクの近代五種と比べれば最下位ではなかった[8]

一方この決定の実態について、レスリングは東欧、中東、アメリカ、日本が強さを誇る一方でIOC委員が多い西欧は苦戦を強いられることが除外に繋がったという指摘[9]や、同様に除外候補に上がっていたテコンドーや近代五種等に政治的な力が働いたことで相対的に優先度が下がったという指摘、またIOCの主張を概ね認めつつも過度の商業主義とする批判などがあり、2013年2月現在世界的に議論が紛糾している。

上述の2013年5月のプレゼンテーションでレスリングは野球・ソフトボールとスカッシュと共に最終候補に残った[10][11]。危機感を持った国際レスリング連盟が、女性登用などの組織改革や3分2ピリオドのトータル・ポイント制を導入するルールの改正などの競技の近代化を短期間で断行したこともあり、2013年9月8日のIOC総会で2020年夏季オリンピックへの残留が決定した。

脚注[編集]

  1. ^ 吉田「ショック」レスリング五輪から消滅”. 日刊スポーツ (2013年2月13日). 2013年2月14日閲覧。
  2. ^ a b Report on the 26 core sports for the games of the XXXI Olympiad – FILA” (英語). 国際オリンピック委員会. pp. 78, 80, 81他 (2009年9月). 2013年2月13日閲覧。
  3. ^ 双子は「金」も仲良く 読売新聞 1980年8月1日夕刊2ページ
  4. ^ Includes the 東西統一ドイツ 東西統一ドイツ (EUA)
  5. ^ レスリング、五輪競技から外れるか”. ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 (2013年2月13日). 2013年2月13日閲覧。
  6. ^ 五輪=IOC理事会、レスリングの除外を決定”. ロイター (2013年2月13日). 2013年2月13日閲覧。
  7. ^ レスリング、人気度や組織体制で低評価 IOC報告”. 日本経済新聞 (2013年2月13日). 2013年2月13日閲覧。
  8. ^ “ロンドン五輪評価 陸上最高ランク、最低は近代五種”. スポーツニッポン. (2013年5月30日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2013/05/30/kiji/K20130530005907400.html 2013年5月31日閲覧。 
  9. ^ 不可解な五輪除外 政治的思惑見え隠れ 日本のお家芸が ZAKZAK 2013年2月13日
  10. ^ “レスリング選手ら「夢つながった」 五輪種目最終候補”. 日本経済新聞. (2013年5月30日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG3001H_Q3A530C1CR0000/ 2013年5月31日閲覧。 
  11. ^ “「第二の米満」へ夢つなぐ レスリング”. 読売新聞山梨版. (2013年5月30日). http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/yamanashi/news/20130530-OYT8T01408.htm 2013年5月31日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]