エドムント・ノイペルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エドムント・ノイペルト
エドムント・ノイペルト

エドムント・ノイペルトCarl Fredrik Edmund Neupert1842年4月1日 - 1888年6月22日、エドムン・ネウペットとも)は、ノルウェーピアニスト作曲家である。エドヴァルド・グリーグピアノ協奏曲イ短調の初演者として名を残している[1][2]

生涯[編集]

ノイペルトは、15歳でベルリンへ音楽の勉強のために留学し、22歳でピアニストとしてデビューを果たして高い評価を受けた。

後に同じくベルリンにあるStern'sches音楽学校で1866年から1868年の間、教鞭を執った。その後コペンハーゲンに転居し、その地の音楽学校に2年間勤めた。

1881年に、彼はモスクワに引越し、1882年にはクリスチャニア(現在のオスロ)に移って、ピアノ学校で子供たちを教えた。1883年からはニューヨークに滞在し、屈指の名ピアニストとして注目を集め、しばしばフランツ・リストと比較されるほどであった。

ノイペルトは、肺水腫と心臓病を起こし、1888年6月22日にニューヨークで死去した[3]

ノイペルトの名は、現在においては1869年4月3日コペンハーゲンで初演されたグリーグのピアノ協奏曲の初演者としてもっとも知られている[1][2][4]

なお、アガーテ・バッケル=グロンダールのピアノ曲『6つの演奏会用エチュードOp.11』(6 concert-etuder, Op. 111881年)の第4-6番はノイペルトに献呈されている。

主な作品[編集]

  • 24 Concert-Etüden
  • 24 Octav-Etüden

脚注[編集]

  1. ^ a b グリーグ:ピアノ協奏曲 イ短調 /Piano Konsert Op.16 - ピティナ・ピアノ曲事典 2011年8月7日閲覧。
  2. ^ a b 伝説のピアニスト達 2011年8月7日閲覧。
  3. ^ DEATH OF A NOTED PIANIST.:View Article - The New York Times 1888年6月24日 2011年8月7日閲覧。(英語)
  4. ^ 指揮バレエナポリ』などの作曲でも知られるホルガー・シモン・パウリ、共演はデンマーク王立管弦楽団だった。

外部リンク[編集]