エドゥアール・エリオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エドゥアール・エリオ
Édouard Herriot
Édouard Herriot 01.jpg
生年月日 1872年7月5日 - 1957年3月26日
出生地 オーブ県トロワ
没年月日 1957年3月26日(満84歳没)
死没地 ローヌ県リヨン
所属政党 急進社会党

任期 1924年6月14日 - 1925年10月4日
元首 ガストン・ドゥメルグ大統領

フランスの旗 フランス第三共和政首相
任期 1926年7月19日 - 1926年7月23日
元首 ガストン・ドゥメルグ大統領

フランスの旗 フランス第三共和政首相
任期 1932年6月3日 - 1932年12月18日
元首 ポール・ドゥメール大統領
テンプレートを表示

エドゥアール・エリオÉdouard Herriot1872年7月5日1957年3月26日)は、フランス政治家フランス第三共和制における急進社会党(急進党)の領袖で、3回にわたって首相を務めた。

高等師範学校を卒業後、急進社会党に参加。ドレフュス事件ではエミール・ゾラ擁護の活動をリヨンを中心に展開し、1904年にリヨン市議に初当選。政治家としてのキャリアをスタートする。その後リヨン市長の傍ら、急進社会党の領袖として三度(1924年・1926年・1932年)内閣を組織。最初のうちはアリスティード・ブリアンと共に対独協調政策を採る一方で、ソビエト連邦との外交関係を強めた。

その後、社会党共産党と共に人民戦線に参加。レオン・ブルム内閣が成立すると、自らは下院議長に就いた。ドイツ占領下では沈黙を強いられたものの、連合国軍がフランスに上陸するとヴィシー政権から後継首班を打診されるもこれを拒否している。第四共和政下でも国民会議議長を務めた。

先代:
マルセル・サンバ
公共事業・運輸相
1916年 - 1917年
次代:
ジョルジュ・デスプラ
先代:
供給相
1916年 - 1917年
次代:
モーリス・ヴィオレット
先代:
フレデリック・フランソワ=マルサル
フランスの首相
1924年 - 1925年
次代:
ポール・パンルヴェ
先代:
エドモン・ルフェーブル・デュ・プレ
外相
1924年 - 1925年
次代:
アリスティード・ブリアン
先代:
ポール・パンルヴェ
下院代議院)議長
1925年 - 1926年
次代:
アリスティード・ブリアン
先代:
アリスティード・ブリアン
フランスの首相
1926年
次代:
レイモン・ポアンカレ
先代:
アリスティード・ブリアン
外相
1926年
次代:
アリスティード・ブリアン
先代:
エドゥアール・ダラディエ
公共教育相
1926年 - 1928年
次代:
ピエール・マロ
先代:
アンドレ・タルデュー
フランスの首相
1932年
次代:
ジョゼフ・ポール=ボンクール
先代:
アンドレ・タルデュー
外相
1932年
次代:
ジョゼフ・ポール=ボンクール
先代:
国務相
1934年 - 1936年
次代:
先代:
フェルナン・ブイッソン
下院議長
1936年 - 1940年
次代:
先代:
ヴァンサン・オリオール
国民議会議長
1947年 - 1954年
次代:
アンドレ・ル・トロケ
前任:
オクターヴ・オブリー
アカデミー・フランセーズ
席次8

第17代:1946年 - 1957年
後任:
ジャン・ロスタン