エコーナイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エコーナイト』は、1998年8月13日フロム・ソフトウェアから発売されたプレイステーションゲームソフト、およびそのシリーズ名。

本項では、続編である『エコーナイト#2 眠りの支配者』『ネビュラ -エコーナイト-』も併せて記載する。

概要[編集]

主観視点のホラーアドベンチャーゲーム。難易度の高い謎解きの要素が特徴。

当時のアドベンチャーゲームとしては珍しく、主人公以外の登場人物全てにフルボイスが採用されている。そのためPS2などの後継機で起動するとセリフと字幕が合わないバグが発生することもある。

続編『眠りの支配者』は洋館が舞台のオーソドックスなものだが、『ネビュラ エコーナイト』は未来の宇宙ステーションが舞台と、亡霊は登場するが前2作と違いSF要素が加わっている。

シリーズ全体の特徴として亡霊の未練を解決して先に進むというものがある。何らかの理由でこの世に留まる彼らとのイベントをクリアすることでストーリーが進む。登場する全ての霊とのイベントをクリアするとベストエンディングにつながるというのも恒例である。例外として2では全ての霊の願いを叶えずにクリアすると特別なエンディングが見られる。

シリーズ通して主人公名が「リチャード・オズモンド」であるが、全て同姓同名の別人である。

なお、「PLAYSTATION Store」のゲームアーカイブスにおいて、『エコーナイト』『エコーナイト#2 眠りの支配者』が配信されている。

エコーナイト[編集]

ストーリー[編集]

ある日、主人公リチャードの元に届いた父親からの手紙。そこには見覚えのない小さな鍵が入っていた。火事で焼けおちた父の家を探索しているうちに、24年前に消息不明になった豪華客船「オルフェウス号」に閉じ込められたリチャードは、亡霊との激しい脈絡を繰り広げながら脱出を試みる。

登場人物[編集]

生者[編集]

生きながら船を探検する数少ない者達。

リチャード・オズモンド
主人公。25歳。父からの手紙をきっかけに「オルフェウス号」遭難事件に巻き込まれる。行動により4種類のエンディングがあるため、彼の生存はプレイヤーにかかっている。
ヘンリー・オズモンド
リチャードの父。画家。「オルフェウス号」に囚われた何かを探るために船を探索する。後から来た息子に助言を行ったり、不可解な不意打ちを行ったりしつつも船の深層へ進む。実は若いころにウィリアムと石をめぐる対決をしたが、奇襲むなしく返り討ちに遭い、青い石をクレアに預けて逃げた。

死者[編集]

何らかの理由で死に至り、船内を彷徨い続ける者たち。

グレッグ・キャプスタン
船長。乗客乗員が謎の死を遂げた船で謎を解いてくれる者を待っていた。
ジョン・カッター
船員。
ビリー・ボラード
船員。魔物を恐れている。
ロブ・デリック
クレアの伯父。泥酔している。
フィアナ・パーセリング
クレアの従姉妹。
ディアナ・パーセリング
フィアナの妹。
エド・ムアリング
ロブの親友の画家。「魔物が生まれるのを見た」と錯乱、ロブ・フィアナ・ディアナに閉じ込められた。
オスカー・ロックウェル
クレアの弟。
トマス・ガゼット
医師。
ポーリー・オーニング
カジノの支配人。
トム・ラダー
ルーレットのディーラー。
エリザベス・クローネスト
カジノの女ディーラー。コインを100枚以上所持していないと勝負してくれない。
スコット・ガーボード
映写技師。フィルムの到着を待っている。
フレッド・モールディング
ゲストの一人。カレンの子供で、好奇心旺盛。
カレン・モールディング
雇われた歌手。フレッドの母親。
ピーター・スクーナー
執事。
アーサー・ロックウェル
ウィリアムの息子。主人公にウィリアムの部屋に入るためのプレート収集を依頼する。
ヒルダ・ロックウェル
アーサーの妻。
エミリ・スカットル
メイド。調度品を壊してしまった。
アーネスト・ウラッジ
航海士。部下を案じている。
マイク・トランザム
船員。電燈がつかないためランプを手に巡回している。
チャーリー・ガーダー
船員。通信の勉強をしている。
ロバート・ダンフォース
船員。ロッカーの開け方がわからない。
マーチン・バックスタッフ
船員。電信室の音に怯えている。
ジャック・ロックウェル
ウィリアムの息子。
エミリア・ロックウェル
ウィリアムの娘。

???[編集]

クレア・ロックウェル
「オルフェウス号」の持ち主、ウィリアムの実孫。ヘンリーに青い石を託された。
ウィリアム・ロックウェル
ロックウェル一族当主。没落の一途を辿っていたロックウェル家を一代で立て直した男。実は赤い石を使い、多くの人の人生を奪って生きてきた。ヘンリーの両親(リチャードの祖父母)を殺した張本人。
霊能者
展望台にいる盲目の男。主人公に青い石の欠片を授ける。霊を成仏させることで得られるアストラルピースと交換に貴重な体力回復アイテムをくれる。数少ない協力者。ゲーム終盤では、意外な場所で再会することとなる。彼を敵と捉えるか、味方と捉えるかは、プレイヤーの手に委ねられている。

魔物[編集]

プレイヤーの行く先々で現れる危険な亡霊。さまざまな人外の力を行使する彼らから逃れるには電燈を点けるしかない。彼らを昇天させることがその階層でのクリア条件でもある。

少女
プレイヤーが最初に遭遇する亡霊。ポルターガイスト現象を起こす。父との思い出の人形を渡すと正気を取り戻し、昇天する。
女性
中盤で遭遇する。霊気を放ち、リチャードに憑依させる。想い出のペンダントを渡すと正気を取り戻し、昇天する。
終盤、機関室周辺で遭遇する。遠方からリチャードを引き寄せてくる。娘のカメオを渡すと正気を取り戻し、昇天する。

用語[編集]

赤い石のナイフ
人の魂を捧げることで持ち主の運命を変える力を持つ秘石。
青い石
赤い石の運命を捻じ曲げる力を「元に戻す」力を持つ秘石。二つに割れていた。一方は霊能者が、もう一方は最初の対決でヘンリーが敗れた際にクレアに託された。

エコーナイト#2 眠りの支配者[編集]

1999年8月5日に発売された続編。亡霊の昇天数が30人に増えた。クリア後も真相や矛盾点など未解明部分が多く残る作品となっている。

ストーリー[編集]

1949年、アメリカ北東部。クリスティーナ・コリンズという名の女性が忽然と消息を絶った。警察は失踪事件として捜索を開始した。リチャード・オズモンドは苛立ちを隠せなかった。捜査は一向に進展せず、恋人であるクリスティーナの行方は、ようとして知れなかった。リチャードは、一つの決心をする。「自分の手でクリスティーナを探し出そう。」彼は、わずかな手懸りを求めて、彼女が最後に目撃された図書館を訪れた。そこで彼が見つけた、一冊の本。その本が、彼を数奇な運命に導くのだった。

登場人物[編集]

生者[編集]

没落し廃墟と化した屋敷を様々な目的で徘徊する人々。

リチャード・オズモンド
主人公。25歳。一人称は僕。行方不明の恋人を探して屋敷に向かうが自動車事故に遭い、ブライアンに助けられる。
ブライアン・ノード
冒険家。クランシー家の噂を聞いてやってきた。彼がくれるオイルライターは電燈の無い部屋でもロウソクと燭台があれば明かりをともせる。
アルバート・クランシー
クランシー家当主で館の主。病床の妻ジェシカのことを気にかけている。
赤い髪の女
館主であるアルバートにも横柄な態度をとる謎の女。プレイヤーの行動によってセリフが変わる。
ジョージ・ギブス
使用人。中庭の管理を任されている。悪霊の存在を恐れている。

死者[編集]

何らかの理由で死に至り、館に縛り付けられた人々。

エリオット・クランシー
先代館主の後妻の息子。熱帯魚のエサを探している。
スティーブン・マードック
シェフ。コショウを探している。
マーク・ビゼル
バーテンダー。楽譜を探している。
ノーマ・ブリス
音楽教師。
ジョセフ・ハモンド
使用人。東の波止場を管理する。趣味は釣り。
ケン・マクダネル
研究所の研究員。
マイケル・スチュワート
研究員。所長の帰りを待つ。
イレーナ・マジョレル
研究所の事務員。所長の妹。
ジョン・フィッシャー
研究員。
キャロル・ムーア
アルバートの祖母に育てられた養女。かくれんぼのオニだが見つけられない。
ポリー・ハンクス
メイド頭。赤ん坊が泣き止まない。
アネット・オースチン
アルバートの祖母に育てられた養女。
スタンリー・オズボーン
使用人。
ラリー・トラビス
使用人見習い。故郷を懐かしんでいる。
キャスリーン・クランシー
アルバートの義母の連れ子の妻。
マーガレット・ロジャース
客人の妻。
シンシア・ハミルトン
医師の妻。
エドガー・クランシー
先代館主。アルバートの父親。

???[編集]

クリスティーナ・コリンズ
主人公の恋人。幼少期の記憶がなく孤児として育った。自分と瓜二つなジェシカ・クランシーの写真を発見し屋敷へと向かった。
ジェシカ・クランシー
館主婦人。原因不明の病に侵されている。
霊能者
前作の登場人物。今回は亡霊を全員昇天させないと会うことができない。

魔物[編集]

プレイヤーの行く先々で現れる危険な亡霊。今作では各エリアを統括する配電盤に専用の鍵を差し込まないと各部屋のスイッチが作動しない。

少女
プレイヤーが最初に遭遇する亡霊。犬をけしかける。思い出のネックレスを渡すと正気を取り戻し、昇天する。
所長
研究所で遭遇する。居合抜きしてくる。聖杯を渡すと正気を取り戻し、昇天する。
メイド
終盤で遭遇する。他の霊と異なり鈴の音を鳴らす。イヤリングを渡すと正気を取り戻し、昇天する。

用語[編集]

魂の石
アルバートが持つ赤い石が埋め込まれた短剣。

ネビュラ -エコーナイト-[編集]

ネビュラ -エコーナイト-
NEBULA ECHO NIGHT
ジャンル ホラーアドベンチャー
対応機種 プレイステーション2
発売元 フロム・ソフトウェア
人数 1人用
メディア DVD-ROM:1枚
発売日 日本の旗2004年1月22日
アメリカ合衆国の旗2004年7月27日
対象年齢 日本の旗CERO:未審査
アメリカ合衆国の旗ESRB:T(13+)
ドイツの旗USK:12
ポルトガルの旗PEGI:6+
フランスの旗イタリアの旗PEGI:7+
テンプレートを表示

2004年1月22日プレイステーション2で発売された。北米版のタイトルは『Echo Night: Beyond』。主観視点による移動方式や霊を昇天させながら進むゲーム展開、照明を点ける代わりに(霧の中に悪霊が出現する為)、換気によって安全を確保する要素など、これまでのシリーズとプレイ感覚は近い。しかし、舞台が未来になりSF要素が増したり、監視カメラによって霊の動向を探りながら進む要素の追加、体力という概念がなくなる(心拍数に置き換わり、心拍数が一定値以上になると死亡する)など、変更・追加点も数多い。