ウディ・ショウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウディ・ショウ
}
基本情報
出生 1944年12月24日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニュージャージー州
死没 1989年5月10日(満44歳没)
ジャンル ジャズハード・バップ
担当楽器 トランペット
レーベル コロムビア・レコード
ミューズ・レコード
エレクトラ・レコード
ブルーノート・レコード

ウディ・ショウWoody Herman Shaw II, 1944年12月24日 - 1989年5月10日)は、アメリカ合衆国ジャズミュージシャン(トランペット奏者)。

来歴[編集]

ニュージャージー州ニューアーク出身。1962年18歳でエリック・ドルフィーとの共演、これが初レコーディングとなる。ホレス・シルヴァーグループやアート・ブレイキージャズ・メッセンジャーズというジャズの名門グループに参加する一方、ジャッキー・マクリーンジョー・ヘンダーソンマッコイ・タイナーチック・コリアアンドリュー・ヒルラリー・ヤングといった新世代のミュージシャンとも共演し、ハード・バップからアバンギャルドまで一歩進んだ演奏スタイルで、'60年代後半以降から'70年代にかけてフレディ・ハバードと並ぶ実力派のトランペッターとして注目される。しかしながら、複雑でややもすると難解に聞こえるフレーズの多用や生真面目すぎる演奏スタイルのためか、スター的人気には到らず「過小評価、不当な評価」と言われることが多い。

'70年代、多くのミュージシャンがフュージョンブームに乗ってロック・ポップ調のスタイルに移行していく中、ウディは伝統的スタイルながらもハードでアグレッシブなジャズを貫き、数々の力作を残した。1974年、ミューズ、1977年、CBS(コロムビア・レコード)と契約。中でもコロムビア・レコードから発表されたRosewood (1977)やStepping Stones (1978)は'70年代の硬派ジャズの名盤として人気が高い。

1989年2月、ブルックリンで地下鉄のホームから転落(弱っていた視力のせいともいわれる)し左腕を切断。その後の経過も思わしくなく、同年5月に死去した。


他の共演者はスライド・ハンプトンレネ・マクリーンアンソニー・ブラクストンセシル・マクビーボビー・ハッチャーソン等が挙げられる。

ディスコグラフィ[編集]

リーダー・アルバム

  • In the beginning (1965)(自主制作デモ・テープがレーベルから1980年代に発売された。)
  • Black Stone Legacy (1970)
  • Song of Songs (1973)
  • Moontrane (1974)
  • Love Dance
  • Concert Emsemble
  • Little Red's Fantasy (1976)
  • Iron Man (1977)
  • Rosewood (1977)
  • Stepping Stones (1978)
  • Woody III (1979)
  • United (1980)
  • Lotus Flower (1982)
  • Setting Standards (1983)
  • Solid (1987)
  • Imagination (1987)

参考文献[編集]

  • 『JAZZトランペット』 ジャズ批評編集部編、松坂〈ジャズ批評ブックス〉、2001年、222-223頁。ISBN 491555709X