ウェンロックとマンデヴィル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マンデヴィル(左)とウェンロック

ウェンロックマンデヴィルWenlock and Mandeville)はそれぞれ2012年ロンドンオリンピックと、2012年ロンドンパラリンピックの、公式マスコットである。

概要[編集]


ウェストミンスター宮殿(国会議事堂)の時計塔「ビッグ・ベン」や、バッキンガム宮殿衛兵などをモチーフとした、ご当地バージョンも多数展開された[1]。また、短編アニメ4部作も作られた[2]

なお、Wolff Olins社によるオリンピックのロゴを含め、一部の批評家からはオリンピックのデザインシンボルについて酷評されており、目が1つしかないキャラクターは差別に繋がるという意見もある。

2体共通の特徴

どちらも、「IRIS NATION」社[3]のGrant Hunterによるデザイン[4][5]で、2010年5月19日に発表された[6]。額付近にはロンドンタクシーのランプを思わせるオレンジ色の小さなものがあり、それぞれWMの一文字が書かれている。また、目はカメラになっており、感動的なシーンを収めることが可能となっている[7]

この2体の「五輪スタジアムの建設に携わっていた老人が定年後、スタジアムに使われた最後の鉄骨のしずくで孫のために作った人形が、虹の光を受けて生命が吹き込まれた」という設定[2][7]は、児童作家マイケル・モーパーゴ(Michael Morpurgo)の考案という[6]

ウェンロック[編集]

名称の由来は、シュロップシャーの地名マッチ・ウェンロック[注 1]

両腕には「フレンドシップ・バンド」という五輪カラーのブレスレット(右が青・黄、左が赤・緑・黒)をはめている[7]

マンデヴィル[編集]

名称の由来は、アリスバーリーにある病院ストーク・マンデヴィル・ホスピタル[注 2]から来ている。

頭部はロードレース (自転車競技)用ヘルメットのような流線形をしており、右腕にはピンク色のタイマー付き腕時計をしている[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ この地では、近代オリンピック復活の兆しとなったギリシャのザッパスオリンピック(1859年)よりも早い1850年に、マッチウェンロックオリンピックが開催された。
    00ちなみに、第1回スカンジナビアオリンピックは1834年。  (オリンピック関連年表
  2. ^ パラリンピックのルーツがおこなわれた場所
出典

外部リンク[編集]

先代:
福娃
夏季オリンピックマスコット
ウェンロック

London 2012
次代:
未定