ストーク・マンデヴィル・ホスピタル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg ストーク・マンデヴィル・ホスピタル
Stoke Mandeville Hospital New PFI Building - geograph.org.uk - 262468.jpg
情報
英語名称 Stoke Mandeville Hospital
標榜診療科 総合
許可病床数 369床
開設者 国民保健サービス
開設年月日 1832年
所在地
位置 北緯51度47分58.74秒
西経0度48分8.46秒
PJ 医療機関
テンプレートを表示

ストーク・マンデヴィル・ホスピタル(Stoke Mandeville Hospital)は、バッキンガムシャーアイルズベリーにある公共病院。国民保健サービスにより管理されている。

この地で1948年7月28日ロンドンオリンピック開会式と同日)に行われた「ストーク・マンデビル競技大会」(障害者による最初の国際的な競技会)は、パラリンピックのルーツとなった。

歴史[編集]

1830年代、イギリスでコレラが大流行したため、ストークマンデヴィルとアイルズベリーの2つの教区が資金を出し合いコレラ専門の病院が設置されたが、コレラは感染力が強かったため、両教区の境界に設置された。
1900年代、病院は、すべての感染症に対応する病院へと発展した。
1948年、第二次世界大戦で発生した傷痍軍人を治療するために国立総合脊髄損傷センターが設置されたが、アイルズベリーの町が成長し、区域が拡大していたため、ストークマンデビル寄りに移設された。
同年、入院患者のためのスポーツ競技を開催した。
1952年には、オランダの選手も参加し、初の国際大会となった。
1960年には、ローマでオリンピックが開催された同じ日にストークマンデヴィルで競技会を開催したが、これが現在では第1回パラリンピックと位置づけられている。
1950年代以降、新たな救急病棟の建設など、規模が拡大された。また、ストークマンデビルスタジアムが設置され、イギリスの障害者スポーツのナショナルセンターとなった。
1970年代と1980年代には人気司会者ジミー•サビルの資金援助により改装を行った。
2009年には新しい産婦人科をオープンさせた。また、PFIによる運営を行っている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]