ウィリアム・L・シャイラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1961年のシャイラー

ウィリアム・L・シャイラー(William L.Shirer、1904年2月23日 - 1993年12月28日)はアメリカ合衆国のジャーナリスト、戦争特派員、歴史家、50年以上に渉って広く読まれているナチスドイツの歴史書第三帝国の興亡」の著者。

来歴[編集]

1904年シカゴプロテスタント家庭に生まれる。1925年アイオワ州シーダーラピッズコー大学を卒業後、ヨーロッパに渡り、シカゴ・トリビューン、及び国際ニュースサービス(INS)の外国特派員を経て、エドワード・R・マローが作った、CBSラジオジャーナリストチームの最初の記者となった。彼は、ドイツ・オーストリア併合や、第二次世界大戦一年目のナチスドイツの勝利(西欧民主主義国の敗北)をベルリンから放送し注目される存在になった。彼はマローと共に世界最初の国際ニュース放送のネットワークを作り、国際ニュース放送のスタイルを確立した。1941年、第二次世界大戦中に米独関係悪化の影響でアメリカに帰国し「ベルリン日記」を出版した。1960年には歴史書の大著「第三帝国の興亡」で、第12回全米図書賞を受賞した。

著書(邦訳のみ)[編集]

外部リンク[編集]