ウィリアム・キッサム・ヴァンダービルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・キッサム・ヴァンダービルト
「プチ・シャトー( "Petit Château" )と呼ばれた、ニューヨーク5番街660番地に建てられたウィリアム・K・ヴァンダービルト邸

ウィリアム・キッサム・ヴァンダービルトWilliam Kissam Vanderbilt, 1849年12月12日 - 1920年7月22日[1])は、アメリカ合衆国の実業家、馬主。同国屈指の富豪ヴァンダービルト家の相続人の1人で、鉄道王コーネリアス・ヴァンダービルトの孫。

生涯[編集]

ウィリアム・ヘンリー・ヴァンダービルトとその妻のマリア・ルイーザ・キッサム(1821年 - 1896年)の間の次男として生まれた。1885年に父が死ぬと、5500万ドルの遺産を相続した。1899年に兄のコーネリアス・ヴァンダービルト2世が死ぬと、ヴァンダービルト家の事実上の当主と見なされるようになった。また一族が支配するニューヨーク・セントラル鉄道の経営にも関わっていたが、1903年以後は第一線から身を引いた。

1875年4月20日、アラバマ州モービルの小農園主の娘アルヴァ・アースキン・スミス(1853年 - 1933年)と最初の結婚をした。夫妻の間には長女でイギリス貴族の第9代マールバラ公爵に嫁いだコンスエロ・ヴァンダービルト(1877年 - 1964年)、長男のウィリアム・キッサム・ヴァンダービルト2世(1878年 - 1944年)、次男のハロルド・スターリング・ヴァンダービルト(1884年 - 1970年)の3人の子女をもうけた。ウィリアムは1895年にアルヴァと離婚し、アルヴァは翌1896年にユダヤ系銀行家のオリヴァー・ベルモントと再婚した。ウィリアムは1903年に銀行家の娘アン・ハリマン(Anne Harriman)と再婚した。アンとの間に子供は無かった。

1879年に興行師P・T・バーナムからマディソン・スクエア・パークを買い取り、興行会場マディソン・スクエア・ガーデン(Madison Square Garden)としてリニューアルさせている[2]。ウィリアムは1895年にアメリカスカップで優勝したヨット「ディフェンダー(Defender)」号の共同所有者であった。

ウィリアムの邸宅として有名なのは、ニューヨーク5番街660番地の本邸(1883年完成)とロードアイランド州ニューポートの夏の別邸マーブル・ハウスMarble House、1892年完成)の2つで、いずれも建築家リチャード・モリス・ハントが設計を担当した。

ウィリアムは馬主、競馬場の経営主としての活動でも知られる。最初の妻アルヴァと離婚後、ウィリアムはフランスバス=ノルマンディー地方ドーヴィル郊外に城を建てて移り住み、所領にケスネー牧場を設立して競走馬の飼育を始めた。ウィリアムが牧場で飼育させた多くの競走馬は、クリテリウムドサンクルージャン・リュック・ラガルデール賞パリ大賞典フォレ賞ジョッケクルブ賞ジャンプラ賞モルニ賞ロベールパパン賞ロワイヤルオーク賞などの大会で優勝を果たした。

1920年にパリで死去した。遺骸はヴァンダービルト家代々が眠るスタテン島のモラヴィア共同墓地(Moravian Cemetery)に葬られた。第2次世界大戦中、アメリカ海軍はリバティ船の1つに「ウィリアム・K・ヴァンダービルト(SS William K. Vanderbilt)」の名前を冠した。

脚注[編集]

  1. ^ William Kissam Vanderbilt”. Long Island University. 2009年10月15日閲覧。
  2. ^ http://hockey.ballparks.com/NHL/NewYorkRangers/1stoldindex.htm

参考文献[編集]

  • Case, Carole - The Right Blood: America's Aristocrats in Thoroughbred Racing (2000) Rutgers University Press ISBN 0-8135-2840-2