イーオン・フラックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イーオン・フラックス
Æon Flux
監督 カリン・クサマ
脚本 フィル・ハイ
マット・マンフレディ
原作 キャラクター創造
ピーター・チョン
製作 デヴィッド・ゲイル
グレゴリー・グッドマン
ゲイル・アン・ハード
ゲイリー・ルケッシ
製作総指揮 トム・ローゼンバーグ
ヴァン・トフラー
出演者 シャーリーズ・セロン
音楽 グレーム・レヴェル
撮影 スチュアート・ドライバーグ
編集 ピーター・ホーネス
プラミー・タッカー
製作会社 MTVフィルムズ
レイクショア・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 ギャガ・コミュニケーションズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2005年12月2日
日本の旗 2006年3月11日
上映時間 93分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $62,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $25,874,337[1]
世界の旗 $52,304,001[1]
テンプレートを表示

イーオン・フラックス』(原題: Æon Flux)は、2005年アメリカMTVフィルムズ製作、ギャガ・コミュニケーションズ(現・ギャガ)配給、ジェネオンエンタテインメント(現:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン)協力、カリン・クサマ監督、シャーリーズ・セロン主演のSF映画。日本の劇場公開は2006年3月11日。

作品概要[編集]

アニマトリックス』の監督としても知られるピーター・チョンが1995年に製作したアニメ『AEON FLUX』は10エピソードがMTVの短編アニメ映画として放送され、その後コミックス化されるなどカルト的人気の作品。

アニメ版では主人公イーオンは同じであるが、各回の最後には死亡してしまう。映画では主人公が何度も死ぬ構成はとっていないが、飛行船のデータバンクからのダウンロードで復活可能な設定はされている。

監督のカリン・クサマが日系人であるためか、障子番傘など和風なアイテムを散らしてあり、バウハウス建築様式の町並みと合わせ、和洋折衷な不思議な雰囲気となっている。

ストーリー[編集]

2011年に致死性のウィルスが発生、人類の99%が死滅し絶滅の危機に陥った。科学者トレヴァー・グッドチャイルドが開発したワクチンで生き残った500万人の人類は、救世主の子孫グッドチャイルド一族の圧制的な管理化の下、汚染された外界と壁で隔てられた都市ブレーニャで暮らしていた。病気も、飢えも、戦争もないユートピア都市は秘密と虚偽で成り立っていた。

2415年、反政府組織「モニカン」の革命戦士イーオン・フラックスには、妹ユナがいた。幸せな結婚をし、妊娠したばかりの妹が反政府分子として抹殺され、イーオンは政府に対する復讐を誓う。政府要塞の警備システム解除法を得た「モニカン」は、君主トレヴァー8世の暗殺指令をイーオンに下す。2本の足を手に変えた改造人間シサンドラを援護に付け要塞に進入。トレヴァーを探しだし銃を突きつけた瞬間、彼と愛しあう自分の姿が浮かんだ。イーオンを見たトレヴァーは彼女を別の名で呼ぶ。混乱するイーオンは、トレヴァーを殺せないまま意識を失い囚われる。

気がつくとイーオンは独房に監禁されていた。追尾式の小型爆弾で脱出するが、トレヴァーにカプセルを与えられ、そのメッセージを読み取った彼女はトレヴァーのもとへ。イーオンはトレヴァーに銃を突きつけるが、憎いはずのトレヴァーをどうしても撃つことができない。トレヴァーに抱きすくめられて抵抗しようとするが、体が言うことを聞かない。気がつけばイーオンは口づけを交わし、服を脱いで鍛えぬいた肉体を彼に捧げていた。何も分からないまま、戦士としての使命も全て忘れ、トレヴァーの腕の中で安らぎと幸せを感じていた。一夜明け、イーオンは自分の使命に疑問を感じ、単独行動に出る。

そしてイーオンは驚くべき真実を掴んだ。実は人類はワクチンの副作用で自然妊娠できなくなっており、その事実を隠したグッドチャイルド家は自然妊娠を装って死んだ人間のクローンを誕生させ続けていた。現在のブレーニャの住民は全て、何代にも渡って「生まれ変わり」を繰り返して来たクローン人間であり、しかもイーオンは初代トレヴァー・グッドチャイルドの妻キャサリンのクローンだったのだ。トレヴァーは7代に渡って不妊を治療するための研究を進めて来たが、現在の独裁体制を維持したい弟オーレンが、トレヴァーを抹殺するために意図的にモニカンに警備システムの弱点を流したのである。その一方で、人類は徐々に自然治癒し、妊娠が可能になって来ており、ユナをはじめとする自然妊娠した女性たちはオーレンの手の者によって抹殺されていたのだ。

イーオンがトレヴァーの暗殺に失敗し、トレヴァーと肉体関係を持ったことを知ったオーレンは、トレヴァーを裏切り者として排除し、自ら君主となると、イーオンとトレヴァーを抹殺しにかかる。

イーオンとトレヴァーは共に手を取り合って戦い、多くの犠牲者を出しながら遂にオーレンを倒す。そして、イーオンは全てのDNAを管理する飛行船を墜落させる。DNAを管理して来たキーパーは、この日が来ることを予想し、かつてオーレンから破棄を命じられていたキャサリンのDNAを密かに保管し、イーオンを誕生させたことを告げる。

墜落した飛行船により外界との壁が崩れる。そこには汚染などされていない新しい世界が開けていた。トレヴァーは改めて君主となり、新たな体制をスタートさせる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:カリン・クサマ
  • 製作:デビッド・ゲイル、グレゴリー・グッドマン、ゲイル・アン・ハード、ゲイリー・ルケッシ
  • 製作総指揮:トム・ローゼンバーグ、ヴァン・トフラー
  • 原作:ピーター・チョン
  • 脚本:フィル・ハイ、マット・マンフレディ
  • 撮影:スチュアート・ドライボーグ

脚注[編集]

  1. ^ a b c Aeon Flux (2005)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年3月29日閲覧。

外部リンク[編集]