イ・ジョンヒョン (CNBLUE)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イ・ジョンヒョン
基本情報
出生 1990年5月15日(24歳)
出身地 韓国の旗 韓国釜山直轄市(現:釜山広域市)
血液型 O型
職業 歌手
担当楽器 ギター
活動期間 2010年 -
レーベル F&Cミュージック
公式サイト CNBLUE公式サイト(韓国)
CNBLUE公式サイト(日本)
イ・ジョンヒョン (CNBLUE)
各種表記
ハングル 이종현
漢字 李宗泫
発音: イ・ジョンヒョン
ローマ字 Lee, Jong-Hyun
テンプレートを表示

イジョンヒョン((ハングル)이종현、(漢字名)李宗1990年5月15日 - )は、韓国歌手俳優。男性4人組バンドCNBLUEギターボーカルを担当している。また作詞もしている。

初期の人生[編集]

家族は両親と姉1人。4歳から8歳まで日本(京都、大阪)で過ごす。幼少期に日本で過ごしているため、韓国に戻った当初、韓国語がうまく話せず、就学を1年遅らせて小学校に入学

中学時代から柔道を始め、高校の時釜山地区で優勝する実力もあったが、下の階級の選手に負けたことから柔道を断念。漠然と音楽を始め、当初はピアノも学んだが、エリック·クラプトンのギター演奏を見たことがきっかけとなり、ギターを学ぶ。

活動[編集]

韓国でのデビュー前、CNBLUEメンバーとともにバンド修行のため日本に音楽留学。日本活動時はリーダーだったが、韓国デビューと同時にチョン・ヨンファにリーダーが変更。

またチームの中でBurningというイメージをもっており、1月6日にCNBLUEのメンバーの中で最初にティーザーが公開された。ティーザー公開して、1月14日にアルバム発売とショーケースを始まりに韓国での歌手活動を始めた。イ・ジョンヒョンは、チョン・ヨンファと同様に、CNBLUEのいくつかの曲に作詞と作曲をして音楽活動を活発にしている。 2010年秋には映画『アコースティック』にCNBLUEドラム担当のカン・ミンヒョクと一緒に出演して演技に挑戦した。

トリビア[編集]

CNBLUEでいなかったら柔道選手になりたかったです。盛り上がった時に韓国の釜山弁で話します。一番好き食べ物は韓国の豚汁 [돼지국밥] です。

アルバム[編集]

作詞・作曲[編集]

  • 日本の二番目ミニアルバム『VOICE』
    • Never Too Late(作詞と作曲)
  • 日本初の正規アルバム『ThankU』
    • a.ri.ga.tou(作詞と作曲)
  • 日本 インディーズ時代1stシングル『The Way
    • Eclipse(作曲)
  • 日本 インディーズ時代2ndシングル『I don’t know why
    • Lie(作詞と作曲)
  • 日本 インディーズ時代3rdシングル『RE-MAINTENANCE
    • Kimio(作詞と作曲)
  • 韓国初の正規アルバム『First Step』
    • 愛は雨に乗って(作曲)
  • 韓国の1stリパッケージアルバム『First Step 1 Thank You』
    • そうだよ(作詞と作曲)

出演[編集]

映画[編集]

  • アコースティック - EP2.パン屋襲撃事件(2010年10月28日公開)

ドラマ[編集]

  • 紳士の品格(2012年、SBS)

外部リンク[編集]