イヴァン・コトリャレーウシキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イヴァン・コトリャレーウシキー
Kotliarevsky.jpg
誕生 1769年9月9日
ポルターヴァウクライナ
死没 1916年5月28日
ポルターヴァ、ウクライナ
職業 詩人、作家、文学者
国籍 ロシア帝国
代表作 『エネイーダ』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

イヴァン・コトリャレーウシキーウクライナ語Іван Петрович Котляревський1769年9月9日1838年11月10日)は、ウクライナ作家。近代ウクライナ文学の基盤となった『エネイーダ』の著者。

概要[編集]

1769年9月9日にコサック国家ポルターヴァ連隊ポルターヴァ市で、市役所の書記の家で生まれた。エカテリノスラフ中学校を出て、1780年から1789年にかけてポルターヴァ神学校で学んだ。卒業後、各地の地主の書記と家庭教師として務めた。1794年に文学活動を開始し、ウェルギリウスの『アエネーイス』をもとにウクライナ語の口語で書かれたパロディー叙事詩エネイーダ』を書き始めた。1798年に『エネイーダ』の一部をサンクトペテルブルクで出版した。1796年から1808年にかけて将校として軍役を務め、露土戦争1806年1812年)に従軍した。1809年に『エネイーダ』の第四章を刊行した(1842年ハルキウで全章出版)。1810年に貴族児童養護館の館長を務めた。1812年露仏戦争の最中に第5コサック連隊を編成し、ロシア帝国軍の少佐となった。1817年ギリシアサッポーの詩を翻訳した(1844年に出版)。1818年フリーメイソンのロッジ「真理への愛」の会員となった。ポルターヴァ市立劇場の創立に関わり、1819年から1821年にかけて当劇場の監督を務めた。1819年に、ウクライナの近代戯文学の最古戯曲『ポルターヴァのナタールカ』・『魔法使いのモスカーリ人』を書いた(前者は1838年に、後者は1841年に出版)。1819年から1830年にかけてロシア帝国図書会ポルターヴァ支部の部長を務めながら、1827年からポルターヴァの市内の養護施設の管理者であった。ウクライナの民俗資料・伝承神話を集め、自らの作品においてそれを利用した。1838年11月10日にポルターヴァで死去した。

参考文献[編集]

  • (日本語) 伊東孝之, 井内敏夫, 中井和夫編 『ポーランド・ウクライナ・バルト史』 (世界各国史; 20)-東京: 山川出版社, 1998年. ISBN 9784634415003
  • (日本語) 黒川祐次著 『物語ウクライナの歴史 : ヨーロッパ最後の大国』 (中公新書; 1655)-東京 : 中央公論新社, 2002年. ISBN 4121016556
  • (ウクライナ語) Волинський П. К. Іван Котляревський: Життя і творчість. — 2. вид., доп. і перероб. — К.: Державне видавництво художньої літератури, 1955.
  • (ウクライナ語) Волинський П. К. Іван Котляревський: Життя і творчість. — 3. вид., доп. і перероб. — К.: Дніпро, 1969.
  • (ウクライナ語) Іван Котляревський. Бібліографічний покажчик. 1798—1968 / М. О. Мороз (уклад.).— К., 1969.
  • (ウクライナ語) Котляревський І. П. Повне зібрання творів у двох томах. — К.: Академія Наук Української РСР, 1952—1953.
  • (ウクライナ語) Котляревський І. П. Повне зібрання творів. — К.: Наук. думка, 1969. — 510 с.
  • (ウクライナ語) Котляревський І. П. Твори у двох томах. — К.: Видавництво художньої літератури «Дніпро», 1969.
  • (ウクライナ語) Малий словник історії України / В. А. Смолій (ред.). — К.: Либідь, 1997.
  • (ウクライナ語) Хропко П. П. Іван Котляревський. Біографічний нарис. — К.: Дніпро, 1969.

外部リンク[編集]