イソブテン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イソブテン
{{{画像alt2}}}
識別情報
CAS登録番号 115-11-7 チェック
PubChem 8255
ChemSpider 7957 チェック
UNII QA2LMR467H チェック
EINECS 204-066-3
国連番号 1055
In 液化石油ガス: 1075
RTECS番号 UD0890000
特性[1]
化学式 C4H8
モル質量 56.11 g mol−1
外観 無色の気体
密度 0.5879 g/cm3, 液体
融点

−140.3 ºC

沸点

-6.9 °C, 266 K, 20 °F

への溶解度 不溶
危険性
GHSシグナルワード DANGER
EU分類 Extremely flammable (F+)
EU Index 601-012-00-4
Rフレーズ R12
Sフレーズ S2 S9 S16 S33
引火点 flammable gas
発火点 465 °C (869 ºF)
爆発限界 1.8–9.6%
関連する物質
関連するブテン 1-ブテン
cis-2-ブテン
trans-2-ブテン
関連物質 イソブタン
出典
Chemical infobox 出典
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

イソブテン (isobutene) またはイソブチレン (isobuthylene) とは分子式が C4H8 と表される工業的に重要な炭化水素で、枝分かれ状に 4 個の炭素を持つアルケンブテンの構造異性体のひとつ。可燃性を持ち、常温常圧で無色の気体。

用途[編集]

イソブテンは合成中間体としてさまざまに用いられる。メタノールエタノールと付加させると、ガソリンの添加剤として用いられるメチルtert-ブチルエーテル (MTBE) やエチルtert-ブチルエーテル (ETBE) が得られる。やはりガソリンに加えられるイソオクタンも、イソブテンのアルキル化で合成される。メタクロレインの原料ともなる。フェノールもしくは 4-メトキシフェノールとイソブテンのフリーデル・クラフツ反応により、抗酸化剤のジブチルヒドロキシトルエン (BHT) やブチルヒドロキシアニソール (BHA) が作られる。また、イソブテンが重合するとポリイソブチレンとなる。ブチルゴムはイソブテンを含む共重合体である。

製造[編集]

イソブテンは石油精製ストリームから硫酸と反応させて単離できるが、通常はイソブタンの触媒による脱水素化によって製造される[2]。1990 年代に、MTBE や ETBE の需要増に合わせイソブテンの製造量も大きく増した。北米では Texas Petrochemicals や Lyondell が主要な製造元である。

危険性[編集]

イソブテンは可燃性が高い気体であるため、爆発を避けなければならない。ボンベ中で圧縮して保管されるが、放出するときに操作者が酸素不足とならないよう注意を要する[3]


脚注[編集]

  1. ^ The Merck Index: An Encyclopedia of Chemicals, Drugs, and Biologicals (第11 ed.), Merck, (1989), ISBN 091191028X , 5024.
  2. ^ George A. Olah and Árpád Molnár. Hydrocarbon Chemistry. Wiley-Interscience. ISBN 978-0471417828. 
  3. ^ MSDS for isobutylene