エチルtert-ブチルエーテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「エチルtert-ブチルエーテル」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

エチルtert-ブチルエーテル
ETBE の構造式
IUPAC名 2-エトキシ-2-メチルプロパン
別名 ETBE
tert-ブチルエチルエーテル
分子式 C2H5OC(CH3)3
分子量 102.17
CAS登録番号 [637-92-3]
形状 無色液体
密度 0.74 g/cm3, 液体
融点 −97 °C
沸点 73 °C

エチルtert-ブチルエーテル(ethyl tert-butyl ether、略称 ETBE)とは、エタノールイソブテンから合成される化学物質である。

自動車燃料に混合して使用されている。

酸触媒により ETBE を合成する反応式を下に示す。

ETBE の合成法

特性[編集]

  • 蒸気圧が低いため燃料が揮発しにくい。
  • オクタン価(火花点火式エンジン用燃料のアンチノック性を表す尺度)が高いため、アンチノック性が優れている。このため、MTBEと同様、オクタン価向上剤として活用される。
  • 水との相溶性が低いため、水と混和しにくい。

ガソリンへの混合の規制[編集]

ガソリンへの ETBE の混合については、日本においては揮発油等の品質の確保等に関する法律により、約8.3%wt.までとされている(明示はないが、含酸素率1.3%wt.との規制によりそのような計算となる)。

ETBE混合ガソリンの特性[編集]

環境への影響[編集]

ETBE をガソリンに混合しても、蒸気圧が上昇せず、ガソリンからの燃料蒸発ガスを増加させないため、光化学スモッグの発生に影響を及ぼさない。

自動車部材への影響[編集]

ETBE混合ガソリンは、水分が混入しても、ETBE が水と混和して分離することがなく、水分を除去することも可能であり、ガソリンの性状は変化しない。このため、金属の腐食やゴムの劣化等が生じず、自動車の安全性や走行性能に問題を生じない。

人体への影響について[編集]

ETBEについて、急性毒性発癌性などのデータ・情報が十分ではないことから、その人体への影響・毒性評価はまだ十分には明らかになっていない。

ETBEは、生物体内への蓄積性はないものの、難分解性であり、かつ、人への長期毒性の疑いがあるとされている。このため、国においては、平成18年度から2か年の予定で、ETBE導入環境整備の一環として、ETBE の化学物質リスクに関する調査研究を行うこととしている。 化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律で「第二種監視化学物質」とされていたが、法改正により一般化学物質の扱いになった。

なお、オーストラリアでは ETBE の毒性に関する知見が十分でないとして、ガソリンへの ETBE の添加を禁止している[1]

バイオETBE混合ガソリンの販売[編集]

バイオエタノールを原料とするETBEはスペインフランスドイツなどで以前からガソリンに混合して使用されていたが、日本でも2007年4月27日から東京近郊を皮切りに混合ガソリンの販売が始まった[2]

エタノールはサトウキビなどから生成されたバイオマスエタノールを使用し、イソブテンは石油の生成過程の副産物として得られたものを使用している。 2007年4月に発売された混合燃料のETBEはフランスから輸入されたものである。

バイオエタノールを利用した燃料としてはETBEのほかに、ガソリンに直接エタノールを混合するE3方式のものが2007年夏に販売開始される予定である。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

出典[編集]