イシュケル湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索


世界遺産 イシュケル国立公園
チュニジア
イシュケル山
イシュケル山
英名 Ichkeul National Park
仏名 Parc national de l'Ichkeul
面積 126 km²
登録区分 自然遺産
登録基準 (10)
登録年 1980
IUCN分類 II(国立公園)
備考 危機遺産(1996年~2006年)
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示

イシュケル湖アラビア語: بحيرة اشكل、fr:Lac Ichkeul、en:Ichkeul lake)は、チュニジア北部の地中海の海岸の近くのである。 イシュケル国立公園の湖と湿地は、毎年何十万もの渡り鳥が訪れる重要な中継地である。 この湖には、あひるガチョウコウノトリフラミンゴなどが訪れる。 公園は1980年以来、ユネスコ世界遺産リストに載っている。 さらに、1996年から2006年まで、公園は、危機遺産リストにも載っていた。 湖の水源である川へのダムの構築は、湖と湿地の生態的均衡に大変化をもたらした。

ダムが湖とへの真水の流入を急激に減少させたので、ヨシスゲ、その他の真水植物類は好塩性の植物に置き換わった。これらの変化は、かつて存在した植物群に依存していた渡り鳥の個体数の急激な減少をもたらした。

ユネスコのウェブサイトによれば、チュニジアの政府は、真水を保持し塩分を減らすためのステップを試みたが、国際自然保護連合は、いくつかの報告書で、塩分が既に極端に高くなっており回復の可能性が急速に失われているかもしれないと示唆している。



上記の画像は各々、11.4×20.0kmのエリアをカバーする。中心は、北緯37度10分秒東経9度40分秒付近である。

参照資料[編集]

外部リンク[編集]

Icon of Sekaiisan.svg Icon of Sekaiisan.svg チュニジアの世界遺産
World Heritage Sites in Tunisia

文化遺産
チュニス旧市街 | カルタゴ遺跡 | エル・ジェムの円形闘技場 | ケルクアンの古代カルタゴの町とその墓地遺跡 | スース旧市街 | ケルアン | ドゥッガ/トゥッガ
自然遺産
イシュケル国立公園
世界遺産 | アフリカの世界遺産 | チュニジアの世界遺産 | 五十音順 | [編集]
Commons-logo.svg ウィキメディア・コモンズに、チュニジアの世界遺産に関連するカテゴリーがあります。