ウスユキガモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウスユキガモ
ウスユキガモ
ウスユキガモ Marmaronetta angustirostris
保全状況評価[a 1]
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: カモ目 Anseriformes
: カモ科 Anatidae
: ウスユキガモ属 Marmaronetta
: ウスユキガモ M. angustirostris
学名
Marmaronetta angustirostris
(Menetries, 1832)
和名
ウスユキガモ
英名
Marbled teal

ウスユキガモMarmaronetta angustirostris) は、動物界脊索動物門鳥綱カモ目カモ科ウスユキガモ属に分類される鳥類。本種のみでウスユキガモ属を構成する。

分布[編集]

ヨーロッパ南部やアフリカ大陸北部の地中海沿岸部、中央アジアなどで繁殖し、冬季になるとインド北部、チャド、マリ共和国へ渡り越冬する[1][2]

形態[編集]

全長42センチメートル[1]。翼長オス20.5-21.5センチメートル、メス19.8-20.5センチメートル[2]。全身の羽衣は褐色や灰褐色で、淡褐色や淡黄色の斑紋が入る[1][2]。嘴から眼を通り側頭部にかけて黒く太い筋模様(過眼線)が入る[1][2]。尾羽基部の下面を被う羽毛(下尾筒)は白い[1]

嘴は黒い[1][2]。後肢は黄褐色[1]

生態[編集]

アシなどが岸辺に繁茂した湖沼に生息する[1][2]。小規模な群れを形成して生活する[2]

食性は植物食傾向の強い雑食で[2]、植物の茎、根、種子などを食べる[1]。種子は水面で採食するが、水生植物の茎や根、泥中にいる獲物は逆立ちしたり潜水しながら採食を行う[1]

繁殖形態は卵生。藪や枯れ草の中(洞窟に巣をつくることもある)の地表に巣を作り、7-14個の卵を産む[1][2]。メスのみが抱卵し[1]、抱卵期間は25日[2]

人間との関係[編集]

干拓による生息地の破壊、水質汚染、狩猟などにより生息数は減少している[1]。スペインでの19世紀における生息数は数千ペア、1960年代における生息数は100ペアと推定されている[1]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ1 ユーラシア、北アメリカ』、講談社2000年、77、184頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j 黒田長久、森岡弘之監修 『世界の動物 分類と飼育 (ガンカモ目)』、財団法人東京動物園協会、1980年、68頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ The IUCN Red List of Threatened Species
執筆の途中です この項目「ウスユキガモ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類