ケルクアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索


世界遺産 ケルクアンの古代カルタゴの町とその墓地遺跡
チュニジア
ケルクアンの古代カルタゴの町
ケルクアンの古代カルタゴの町
英名 Punic Town of Kerkuane and its Necropolis
仏名 Cité punique de Kerkouane et sa nécropole
登録区分 文化遺産
登録基準 (3)
登録年 1985年
拡張年 1986年
備考 北緯36度56分47秒東経11度05分57秒
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示

ケルクアンは、北東チュニジアボン岬の近くにあったカルタゴの都市である。このフェニキア人(カルタゴ人)の都市は、第一次ポエニ戦争紀元前264年 - 紀元前241年)の間に放棄されたと見られており、ローマ人によって再建されなかった。この街は、ほぼ400年間存在した。

一部分が破壊されるにとどまったことで、あまり一般には知られていないものの、ケルクアンは古代カルタゴの最良の遺跡になった。発掘の結果、この遺跡が、紀元前4世紀から紀元前3世紀のものであることが明らかになっている。

建物の配置がはっきり分かる遺跡のここかしこに多くの家の壁が残されている。またファサード上の有色の粘土も数々残っている。個々の家は、緻密な都市計画に基づいて標準化されている。

聖壇には柱列が設けられており、また、小さな中庭にはモザイクが見られる。単純なモザイクの縁石、ドアステップ、敷居、床は、至る所にある。現在も、考古学者はケルクアンの発掘を行っている。しかし、最良の部分はすでに発掘済であると考えられている。

ケルクアンは、カルタゴハドルメトゥムHadrumetum、現代のスース)およびウティカUtica)と共に、最も重要なフェニキア人の都市のうちの1つであった。

観点[編集]

ユネスコは、1985年にケルクアンの古代カルタゴの町とその墓地遺跡を、現存する唯一のフェニキア人・カルタゴ人都市の遺跡と判断し、世界遺産に登録した。


ギャラリー[編集]

外部リンク[編集]

Icon of Sekaiisan.svg Icon of Sekaiisan.svg チュニジアの世界遺産
World Heritage Sites in Tunisia

文化遺産
チュニス旧市街 | カルタゴ遺跡 | エル・ジェムの円形闘技場 | ケルクアンの古代カルタゴの町とその墓地遺跡 | スース旧市街 | ケルアン | ドゥッガ/トゥッガ
自然遺産
イシュケル国立公園
世界遺産 | アフリカの世界遺産 | チュニジアの世界遺産 | 五十音順 | [編集]
Commons-logo.svg ウィキメディア・コモンズに、チュニジアの世界遺産に関連するカテゴリーがあります。