イキトス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イキトス
Iquitos
ペルーの旗
Bandera de Iquitos.png Escudo Loreto.JPG
市旗 市章
愛称 : ペルー・アマゾンの首都
位置
ペルー内のイキトスの位置の位置図
ペルー内のイキトスの位置
座標 : 南緯3度45分 西経73度15分 / 南緯3.750度 西経73.250度 / -3.750; -73.250
歴史
建設 1757年
行政
ペルーの旗 ペルー
  ロレート県
  マイナス郡Maynas
 市 イキトス
地理
面積  
  市域 368.9km2
標高 106m
人口
人口 (2007年現在)
  市域 396,615人
その他
等時帯 ペルー時間 (UTC-5
夏時間 なし
市外局番 65
ISO 3166-2 PE-LOR
公式ウェブサイト : www.munimaynas.gob.pe/

イキトス(Iquitos)は、ペルー北東部にあるロレート県の県都。アマゾン川上流のマラニョン川に面している。河口から3700kmあり3500トンの大型船がさかのぼる。人口は33万4013人。「陸路ではいけない世界最大の町」といわれており、船か飛行機でしか町に入ることはできない。

歴史[編集]

1750年代にヨーロッパ人およびペルー人によって、原住民へのキリスト教の布教のためにイキトスは創設された。1864年、居住者が"Loreto"地区を開発し始めてから、街は成長し始め、ローマ・カトリック代牧区の中心となった。

1900年代始めにゴムブームが起き、街はゴム産業で知られていた。そのほとんどが若い独身男性で占められる数千もの人が世界各地から街にやって来て、自らの将来をゴム産業に委ねた。その後、自動車およびその関連産業の発展により、世界におけるゴムの需要が劇増した。その一方で、商人となったり、金融業を営んだりする者もいた。多くのヨーロッパ人男性が、原住民の女性と結婚し、多民族的な家族を形成しながら、結婚後の人生もペルーに留まり続けた。これら移民によって、欧州の服装スタイルや音楽、他の文化的要素がイキトスにもたらされた。

  • 1910年代 天然ゴムブームがマレーシアに移り沈静化。

経済[編集]

主にコーヒータバコ綿花木材の生産を行う, 観光、エコツーリズム

姉妹都市[編集]

イキトス

気候[編集]

イキトスの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 31.6
(88.9)
31.7
(89.1)
31.9
(89.4)
31.0
(87.8)
30.6
(87.1)
30.4
(86.7)
30.9
(87.6)
31.6
(88.9)
32.1
(89.8)
31.9
(89.4)
31.9
(89.4)
31.7
(89.1)
31.44
(88.6)
平均最低気温 °C (°F) 22.1
(71.8)
22.0
(71.6)
22.1
(71.8)
22.1
(71.8)
21.9
(71.4)
21.3
(70.3)
20.8
(69.4)
21.1
(70)
21.4
(70.5)
21.8
(71.2)
22.1
(71.8)
23.2
(73.8)
21.83
(71.28)
雨量 mm (inch) 279.0
(10.984)
226.7
(8.925)
279.0
(10.984)
309.8
(12.197)
273.7
(10.776)
190.1
(7.484)
181.9
(7.161)
164.6
(6.48)
189.0
(7.441)
241.9
(9.524)
260.2
(10.244)
282.4
(11.118)
2,878.3
(113.318)
平均降水日数 (≥ 0.1 mm) 21 17 22 20 21 19 15 15 16 17 19 20 222
平均月間日照時間 137 97 106 97 110 114 141 155 139 132 124 125 1,477
出典 1: Hong Kong Observatory,[1]
出典 2: World Weather Online,[2]

脚注[編集]

  1. ^ Climatological Information for Iquitos, Peru”. Hong Kong Observatory. 2011年5月4日閲覧。
  2. ^ Iquitos climateology”. World Weather Online. 2012年9月19日閲覧。

外部リンク[編集]