イエン・チリト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イエン・チリト
អៀង ធីរិទ្ធ
Ieng Thirith
30 Aug 2011 Ieng Thirith (3).jpg
生年月日 1932年3月10日(82歳)
所属政党 カンプチア共産党(クメール・ルージュ)
親族 キュー・ポナリー(姉)
配偶者 イエン・サリ

Flag of Democratic Kampuchea.svg 民主カンプチア
社会問題相
内閣 キュー・サムファン内閣
任期 1979年12月 - 1982年6月22日
国家幹部会
議長
キュー・サムファン

Flag of Democratic Kampuchea.svg 民主カンプチア
社会問題相
内閣 ポル・ポト内閣
任期 1976年4月 - 1979年12月
国家幹部会
議長
キュー・サムファン

Flag of Cambodia.svg 王国民族連合政府
人民教育・青年相
内閣 ペン・ヌート内閣
任期 1973年12月3日 - 1976年4月
国家元首 ノロドム・シハヌーク
テンプレートを表示

イエン・チリトクメール語: អៀង ធីរិទ្ធ / Ieng Thirith, 1932年3月10日 - )は、カンボジア政治家民主カンプチア政権で社会問題相を務めた。

クメール・ルージュの指導者の一員であると同時に、イエン・サリの妻。イエン・シリトイエン・ティリトとも。

経歴[編集]

イエン・チリトは1932年、フランスの保護国カンボジア、裁判官の娘として生まれた[1]。姉は、後にポル・ポトの最初の妻となるキュー・ポナリー。イエン家は王族とも親しい上流中の上流階級であった[2]

他のクメール・ルージュの指導者の多くと同じく高学歴で、当時のカンボジアの最高学府であるシソワット高校英語版を卒業し[3]、奨学金でパリに留学してシェークスピアを研究した[4]。夫イエン・サリとは国内の学生時代に婚約し、1951年夏にパリ15区役所で結婚している[5]

帰国後は、自らカンボジア初の英語教育校であるクメール英国高校を設立し、校長として教師生活を送った[6]。しかし、1963年2月の暴動を機に左翼への弾圧が強化されると、夫イエン・サリは地下に潜り、1965年にはチリトも後を追った[7]

右派ロン・ノル政権との内戦中、1973年12月3日にカンプチア王国民族連合政府人民教育・青年相に任命される[8]

1976年4月14日に民主カンプチア政権が樹立されると、ポル・ポト内閣の社会問題相に就任し[9]、政権運営に深く関与した。このため、当政権による大量虐殺に責任を負うことになる。

2007年11月12日、夫と共にプノンペン南部の自宅で逮捕され、カンボジア特別法廷において刑事責任が問われることとなった[10]。しかし2012年9月13日、認知症のために「訴訟能力がない」として、訴追せず身柄を釈放された[11]

脚注[編集]

  1. ^ 山田(2004年)、17ページ。
  2. ^ 姉妹の父は、シハヌーク国王の祖父母の家族と親しく、のちに王女の一人と出奔した。山田(2004年)、17ページ。
  3. ^ 山田(2004年)、18-19ページ。
  4. ^ 山田(2004年)、91-92ページ。
  5. ^ チャンドラー(1994年)、62-63ページ。
  6. ^ 山田(2004年)、26ページ、201ページ。
  7. ^ 山田(2004年)、30ページ、200ページ。
  8. ^ 1973年 インドシナ 重要日誌”. アジア動向データベース. ジェトロ・アジア経済研究所. 2013年8月9日閲覧。
  9. ^ 山田(2004年)、98ページ。
  10. ^ “ポト派元最高幹部起訴 カンボジア特別法廷,大量虐殺などで4人”. 東京新聞 TOKYO Web (中日新聞社). (2010年9月17日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2010091702000037.html 2010年9月17日閲覧。 [リンク切れ]
  11. ^ “イエン・チリト被告釈放へ カンボジア特別法廷”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2012年9月13日). オリジナル2012年9月14日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120914012407/http://sankei.jp.msn.com/world/news/120913/asi12091320300002-n1.htm 

参考文献[編集]