ロン・ノル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロン・ノル
លន់ នល់
LonNol.jpg

任期 1972年5月10日1975年4月1日

任期 1972年3月10日5月10日

任期 1970年10月9日1972年5月11日
元首 チェン・ヘン

任期 1966年10月25日1967年5月1日
元首 ノロドム・シハヌーク

任期 1969年8月14日1970年10月9日
元首 ノロドム・シハヌーク

出生 1913年11月13日
Flag of Colonial Annam.svg フランス領インドシナ連邦
Flag of Cambodia under French protection.svg カンボジア王国プレイベン州
死去 1985年11月17日(満72歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州フラートン
政党 サンクム社会共和党

ロン・ノルクメール語: លន់ នល់, ラテン文字転写: Lon Nol, 1913年11月13日 - 1985年11月17日)は、カンボジア政治家軍人カンボジア王国国防相、首相、クメール共和国首相(初代)、大統領を歴任。最終階級は元帥

生涯[編集]

プレイ・ヴェン州中国クメール人とクメール人の間に生まれた。フランス式の教育を受け、公務員となる。1946年に州知事になり、カンボジア警察の初代長官に就任。その後は軍の役職に就き、1960年に国防相に就任。その後1966年から1年間首相に就任し、1969年に再任された。

そして、1970年3月18日治療でモスクワ北京へ訪れているノロドム・シハヌーク国家元首の政権をクーデターで倒した。国会にシハヌークの退位を決議させると、フランスに滞在していたシハヌークの従兄弟であるシリク・マタク親王を呼び寄せて首相の座に就けた。

政権奪取後は激しい反ベトナムキャンペーンを行い、在カンボジアのベトナム系住民を迫害した。プラソト、ネアクルン、タケオなどでは収容所に隔離させられたベトナム系住民の集団虐殺が起きている。このため、在カンボジアのベトナム系住民50万人のうち、1970年からわずか1年の間で、20万人がベトナムに大量帰還した。

シハヌークの亡命に続いて、アメリカ軍南ベトナム軍は共産勢力を追撃してカンボジアに侵攻し、カンボジアの主権を侵害した。1968年から続いたアメリカ軍のカンボジア空爆は、ロン・ノル政権になって以降、人口密集地域を含むカンボジア全域に拡大され、数十万人の農民が犠牲となった。さらに難民が100万人以上都市へ流入し、食糧輸出国であったカンボジアは食糧輸入国に転落した。こうした状況から反政府勢力クメール・ルージュの勢力は伸張し、政府軍との間でカンボジア内戦が始まった。ロン・ノルは、アメリカへ支援を求めざるを得なかった。1970年11月18日ニクソン大統領は、カンボジア政府への援助金1億5,500万ドル(8,500万ドルは軍事援助)を連邦議会に求めた。ロン・ノル政権はシハヌークの中立政策で展開していた北ベトナム軍とベトコン追放の名目でニクソン政権を頼り金とCIAの支援を受け取ったが、それでクメール・ルージュの攻勢を止めることはできなかった。1971年4月20日、国会により元帥に指名[1]され、1972年3月10日に国家元首に就任[2]。同年3月13日に大統領に就任した[3]

共産勢力が迫る1975年4月1日、ロン・ノルはカンボジアを出国し、インドネシア経由でハワイへ逃れた。その後1979年カリフォルニア州フラートンに移り住み、1985年に死去した。

1970年のロン・ノルによるクーデターの背景には不明な点が多い。ロン・ノルはカンボジア軍のチャム人将校レ・コセムのよき理解者であり、シハヌーク国王を説得して被抑圧民族闘争統一戦線(FULRO、中心人物はレ・コセム及びモンタニャール・エデ族のイーバム・エニュオル)の創設を支援した。南ベトナム領メコンデルタのクメール族や中部沿海のチャム族、中部高原の山岳民(モンタニャール)にとって、シハヌークとロン・ノルは彼らの自治・独立闘争における希望の星であった。ニクソンが対中政策の見直しを宣言したのが1969年、ニクソンの干渉によるFULROの南ベトナム軍への投降・解散も1969年であり、ロン・ノルによるクーデターは、アメリカのアジア勢力圏再分割(インドシナ半島の中国への譲渡)のプロセスの中で行われたものであった。軍事支援は米中和解後ただちに中止され、ロン・ノル及びカンボジアの自由民主主義者たちは見捨てられ、亡命したロン・ノルらを除いて親中派のカンボジア共産党(クメール・ルージュ)によって徹底的に虐殺された(ロン・ノルに任命されたシリク・マタク元首相や弟のロン・ボレト首相も1975年4月17日プノンペン陥落直後に殺害された)。

脚注[編集]

  1. ^ http://d-arch.ide.go.jp/browse/html/1971/201/1971201DIA.html
  2. ^ http://d-arch.ide.go.jp/browse/html/1972/201/1972201DIA.html
  3. ^ http://d-arch.ide.go.jp/browse/html/1972/201/1972201DIA.html

外部リンク[編集]

先代:
設置
クメール共和国大統領
1972年 - 1975年
次代:
ソカム・コイ
(大統領代行)
先代:
チェン・ヘン
クメール共和国国家元首
第2代: 1972年
次代:
大統領制移行
先代:
設置
クメール共和国首相
初代: 1970年 - 1972年
次代:
シソワット・シリク・マタク
先代:
ペン・ヌート
カンボジア王国首相
第28代: 1969年 - 1970年
次代:
王制廃止
先代:
ノロドム・カントル
カンボジア王国首相
第25代: 1966年 - 1967年
次代:
ソン・サン