イエン・サリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イエン・サリ
អៀង សារី
Ieng Sary
Mak Remissa-IS01.jpg
生年月日 1925年10月24日
出生地 Flag of Colonial Annam.svg フランス領インドシナ連邦コーチシナ
没年月日 2013年3月14日(満87歳没)
死没地 カンボジアの旗 カンボジアプノンペン
所属政党 カンプチア共産党(クメール・ルージュ)
配偶者 イエン・シリト

Flag of Democratic Kampuchea.svg 民主カンプチア
外務担当副首相
内閣 キュー・サムファン内閣
任期 1979年12月 - 1982年6月22日
国家幹部会
議長
キュー・サムファン

Flag of Democratic Kampuchea.svg 民主カンプチア
外務担当副首相
内閣 ポル・ポト内閣
任期 1976年4月 - 1979年12月
国家幹部会
議長
キュー・サムファン

Flag of Cambodia.svg 王国民族連合政府
外務担当副首相
内閣 ペン・ヌート内閣
任期 1975年8月13日 - 1976年4月
国家元首 ノロドム・シハヌーク
テンプレートを表示

イエン・サリクメール語: អៀង សារី / Ieng Sary, 1925年10月24日 - 2013年3月14日)は、カンボジア政治家民主カンプチア政権で副首相、外相を歴任。死去するまでクメール・ルージュ内部で第3位の地位にあったといわれる[1]

経歴[編集]

イエン・サリは1925年、フランス領インドシナコーチシナのカンボジア系少数民族の裕福な地主の家に生まれた[2]。誕生時の名はキム・チャン (Kim Trang) で、父親が亡くなり、プレイベン州の親類に引き取られた時に、イエン・サリと名付けられた[3]

当時の最高学府であるシソワット高校に進学し、そこで妻となるイエン・シリトと出会う。1951年からパリに留学し[4]、同年現地において結婚した。シリトの姉キュー・ポナリーが、後にポル・ポトと結婚すると、サリとポル・ポトは義兄弟となる。

1957年に帰国し[5]、その後は私立カンブボット高校において教鞭をとり[6]。1960年9月のクメール人民革命党第2回党大会において党中央委員に選出され、党内序列第5位となった[7]

さらに1963年2月の党大会において党政治局員に選出され、序列第3位へ昇格した[8]。同じ頃、カンボジア各地において暴動が起き、政府の作成した「破壊活動分子34人」に名を連ねることになった。1963年5月に地下潜伏し、東部コンポンチャム州の「第100局」基地に移った[9]

ロン・ノル将軍のクーデター後、1971年9月にカンプチア王国民族連合政府の「政府国内特使」という肩書を得て、北京のシハヌークの目付け役となる[10]

1976年の民主カンプチア政権の樹立後、4月14日にポル・ポト内閣の副首相兼外務大臣に任命され[11]、1979年まで務めた。

1979年にベトナム軍が侵攻すると、西部国境沿いに逃れ、そこでゲリラ戦を展開する。1996年に政府軍に降伏するまでパイリンを拠点に、クメール・ルージュ支配区の西部地域を支配していた。同地域は宝石と木材の産地で、タイとの取引で莫大な利権を生み出し、さらに住民の間に現金経済を徐々に浸透させていた[12]。この「資本主義的傾向」が、北部アンロンベンの強硬派幹部たちを激怒させ、最強硬派のタ・モクが住民の私有財産を没収する命令を出すに至る[13]。これらのイデオロギー的な確執と、利権をめぐる対立から、2人の軍司令官により説得され、1996年8月8日にサリは3千人の兵士と共にプノンペン政府に投降した[14]。9月14日にはラナリットフン・セン両首相の要請により、シハヌーク国王がサリの恩赦に署名し、これにより1979年8月の人民裁判における死刑判決が取り消され、また非合法化されたクメール・ルージュに加わっていた罪が問われなくなった[15]。同時にパイリンが事実上、彼の統治下に置かれた。しかし2004年7月に心臓発作を起こし、治療のためタイに送られた。

しかし国際社会の努力とカンボジア政府の力でポル・ポト政権時代の虐殺が裁かれるカンボジア特別法廷が設置され[16]

2007年11月、プノンペンの自宅で「戦争犯罪」と「人道に対する罪」で逮捕、翌年には妻のイエン・シリトも逮捕された。2010年9月、他の幹部らとともに起訴され[17]、裁判を受けていた。

2013年3月14日、プノンペンの病院で死去[18]。87歳没。

親族・家族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “ポル・ポト派ナンバー3死去、虐殺究明に影響も”. 読売新聞. (2013年3月14日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20130314-OYT1T01077.htm 2013年3月15日閲覧。 
  2. ^ チャンドラー(1994年)、46ページ。
  3. ^ チャンドラー(1994年)、46ページ。
  4. ^ 山田(2004年)、21ページ。
  5. ^ 山田(2004年)、21ページ。
  6. ^ 山田(2004年)、26ページ。
  7. ^ 山田(2004年)、27-28ページ。
  8. ^ 山田(2004年)、28-29ページ。
  9. ^ 山田(2004年)、30ページ。
  10. ^ 山田(2004年)、44ページ。
  11. ^ 山田(2004年)、98ページ。
  12. ^ 井上・藤下(2001年)、38ページ。
  13. ^ 井上・藤下(2001年)、38ページ。
  14. ^ 井上・藤下(2001年)、37-38ページ、40ページ。
  15. ^ 井上・藤下(2001年)、43-44ページ。
  16. ^ “開廷遅れるポル・ポト派特別法廷、判事らが規定調整協議-カンボジア(2007年03月07日13:54)”. AFP.BB.NEWS. http://www.afpbb.com/article/politics/2191507/1396129 2010年9月17日閲覧。 
  17. ^ “ポト派元最高幹部起訴 カンボジア特別法廷,大量虐殺などで4人”. 東京新聞. http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2010091702000037.html 2010年9月17日閲覧。 
  18. ^ カンボジア:イエン・サリ氏死去 旧ポル・ポト政権幹部 毎日新聞 2013年3月14日閲覧

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • 田英夫 - 日本の政治家としては彼ともっとも親しかったとされる。