イアフメス1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イアフメス1世。

イアフメス1世(在位:紀元前1570年 - 1546年)は、古代エジプト第18王朝の初代ファラオ(王)。第17王朝セケエンラー・タア2世は父、カーメス王は兄である。即位名はネブペフティラー。意味は「力の主はラー」。兄カーメスの後を継いでファラオとなり、父の敵であるヒクソス第15王朝パレスチナに追い詰めて滅ぼし、悲願であったエジプトの再統一を果たす。血統的には第17王朝に属するが、エジプトの統一者、秩序の回復者としての功績を重く見られ、新王朝の創始者として位置づけられている。

先代:
カーメス
古代エジプト王
122代
前1570年 - 1546年
次代:
アメンホテプ1世