カーメス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒクソスに勝利したことを記したカーメスの石碑(ルクソール博物館)。

カーメス(在位紀元前1573年-1570年)は、古代エジプト第17王朝の最後のファラオ(王)。第18王朝イアフメス1世は弟である。父はセケエンラー・タア2世。父王を挑発して誘い出し、戦死させたヒクソスの第15王朝と戦った。この戦いにおいて王は自ら先頭に立って進撃し、アポピス王との戦いに勝利を収めた。カルナックのアメン神殿に奉納された勝利の記念碑はこのときの勝利を記念したものである。 しかし、凱旋直後に亡くなり、ヒクソスを完全に滅ぼすことはできなかった。悲願達成は弟のイアフメスに受け継がれる。

治績[編集]

軍備拡張とヌビア遠征[編集]

治世初期にはヒクソスと対決し統一を回復するため軍備の拡張に全力を注いだが、あまり理解は得られなかった。 しかしそれでもヌビア遠征を行いこれを属国化するという大きな成功を収めている。この成果は第20王朝の時代まで失われることはなかった。

ヒクソスとの戦い[編集]

このヌビア遠征と同時に王自身は直属の水軍を率いてナイルを北上し、各地の軍団を合流させつつ第15王朝の領域に進撃した。国境を越えて後はヌビアから第15王朝への軍事援助を遮断した後急進して敵首都アヴァリスを衝き、これに大打撃を与えることに成功した。 しかし、事前の準備が不十分だったためこの軍団は兵力、装備とも不足しており、陥落させるには至らず撤退を余儀なくされた。

先代:
セケエンラー・タア2世
古代エジプト王
121代
前1573年 - 1570年
次代:
イアフメス1世