アメンホテプ2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメンホテプ2世。

アメンホテプ2世(在位:紀元前1453-1419年、あるいは紀元前1427年-1400年)は、古代エジプト第18王朝の第7代ファラオ(王)。即位名はアアケペルウラー。意味は「偉大なるかなラー神の出現」。 父トトメス3世同様に遠征を行い、内政でも見事な手腕を発揮して父が回復したエジプトの国威と広大な帝国を維持することに成功した。 陵墓は後に王家の谷と呼ばれる土地に築かれ、後代には王たちのミイラを墓荒らしから守るために安置する場所として使われた。また彼のミイラはカイロのエジプト考古学博物館に所蔵されており、身長183センチと、現存するファラオのミイラの中では最も長身とされている。

先代:
トトメス3世
古代エジプト王
128代
前1427?-1400?年
次代:
トトメス4世