トトメス2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トトメス2世。

トトメス2世(在位:紀元前1518年 - 1504年、あるいは前1493年 - 1479年)は、古代エジプト第18王朝の第4代ファラオ(王)。即位名はアアケペルエンラー。意味は「偉大なるはラーの形」。

トトメス1世の下位の王妃の子であったが、政治的手腕に優れ、正妃の第一王女であった異母姉ハトシェプストと結婚して王位を継承した。即位後はハトシェプストの野心を見抜き、王位簒奪を警戒して側室イシスとの間の子トトメス3世を後継者に指名しこれを牽制するが、病弱でありトトメス3世の成長を待たずに亡くなったため、ハトシェプストの専横を許すことになる。

先代:
トトメス1世
ファラオ
125代
前1518年 - 1504年
あるいは前1493年-1479年
次代:
トトメス3世およびハトシェプスト