アメンホテプ3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(ヒエログリフ)が含まれています詳細
アメンホテプ3世。

アメンホテプ3世ヒエログリフ:

<
𓇋 𓏠
𓈖
𓏝
𓏏 𓊪
>

: Amenhotep III、在位:紀元前1386年 - 1349年、あるいは紀元前1388年 - 1351年)は、古代エジプト第18王朝の第9代ファラオ(王)。即位名はネブマアトラー。「真実の主はラーなり」の意。正妻はティイ。子はアメンホテプ4世など。

トトメス3世トトメス4世の時代を経て絶頂に達した王国を継承した。在位期間も長く、40年近くに及んだ。アメン神を崇敬すること篤く、テーベカルナックのアメン神殿と直結する分神殿としてルクソール神殿を建設している。このほか、同地に広大な自身の葬祭殿も建設している。葬祭殿は後に後代の王たちによって破壊されたが、メムノンの巨像と呼ばれる彼の坐像は破壊されずに残り、現在でも形をとどめている。

后妃・子女[編集]

  1. ティイヒエログリフ: <-𓍘𓇌𓏭𓀰->英語: Tiye) - 第一王妃。神官イウヤとチュウヤの娘、アイの妹。
  2. ネフェルティティヒエログリフ: <-𓏏:𓈖:𓇳-𓇋𓄤𓄤𓄤𓄤𓇍-𓏏:𓏭-𓀭->) - 大神官アイAy)と妻テイ英語版ヒエログリフ: <-𓍘𓇌𓀰->: Tey)の娘。のちアクエンアテン王妃。古代エジプト三大美女の一人と言われる。
  3. タドゥキパ英語版Tadukhipa) - ミタンニトゥシュラッタの王女[1]。のちアクエンアテンと再婚。キヤ英語版ヒエログリフ: <-𓎡:𓏭-𓄿𓀭->: KiYa)あるいはネフェルティティと同一人物とする説あり。
  4. ギルヒパ英語版Gilukhipa) - ミタンニ王シュッタルナ2世英語版Shuttarna II)の王女。
  5. スィトアムン英語版(Sitamun) - 実の娘(母はティイ)。
  6. イシト英語版(Iset) - 実の娘(母はティイ)。
  1. トトメス(王子)英語版(Tuthmose) - 長男。プタハ大祭司。母はティイ。
  2. アメンホテプ4世 - 別名アクエンアテン。母はティイ。
  3. スメンクカーラー - 母は不明。アクエンアテンの息子とする説もあり。ネフェルネフェルアテンの次のファラオ。
  4. スィトアムン英語版(Sitamun) - 長女。母はティイ。父アメンホテプ3世の妃となる。
  5. イシト英語版(Iset) - 次女。母はティイ。父アメンホテプ3世の妃となる。
  6. ヘヌトタネブ英語版(Henuttaneb) - 三女。母はティイ。
  7. ネベトイアハ英語版(Nebetah) - 四女。母はティイ。
  8. ベケトアテン英語版(Beketaten) - 五女。母はティイ。


脚注[編集]

  1. ^ Reeves, C. Nicholas. New Light on Kiya from Texts in the British Museum, p.100 The Journal of Egyptian Archaeology, Vol. 74 (1988)

文献[編集]

  • エイダン・ドトソン+デイアン・ヒルトン著 『エジプト歴代王朝史』 東洋書林、2012年ISBN 9784887217980


先代:
トトメス4世
古代エジプト王
130代
前1388年? - 前1351年?
次代:
アメンホテプ4世