ティイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メムノンの巨像にあるティイの彫像

ティイヒエログリフ:

<
𓍘𓇌𓏭𓀰
>

英語: Tiye,紀元前14世紀中葉)は、エジプト新王国時代の第18王朝ファラオであったアメンホテプ3世の正妃である。

父母は、ともに神官のイウヤ(Yuya、イウイア)とチュウヤ(Tjuyu、チュイア、トゥイウ)。エジプト人ではなくミタンニ王国の平民出身といわれ、本来ならファラオの正妃にはなれない血統のはずだが、アメンホテプ3世に大切にされたらしく他の妃とは一線を画した扱いを受けていた。

のちにファラオとなるアイの実妹にあたる。

アメンホテプ2世が埋葬されている王家の谷KV35の副埋葬室から発見された、髪の毛が残ったミイラが彼女のものと考えられてきた。その後、子のアメンホテプ4世、孫のツタンカーメンとDNAを比較した結果、正式にティイと確認されたことが2010年2月17日ザヒ・ハワスらにより発表された。