アーサー・スカーギル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アーサー・スカーギルArthur Scargill1938年1月11日[1] - )はイギリス労働運動家、政治活動家全国炭鉱労働組合委員長1981年 - 2000年)を経て、現在は社会主義労働党(SLP)党首1996年 - )。炭鉱労組委員長在任中の1984年から翌年にかけて炭鉱労働者ストライキを主導したことでも知られる。

生い立ち[編集]

青年期[編集]

ヨークシャー州バーンズレー生まれ。のハロルドはイギリス共産党に所属していた炭鉱労働者で、のアリスはプロ料理人であった。スカーギルは一人っ子のため両親に溺愛されて育った。 中学卒業後の1953年に炭鉱労働者となる[2]1955年から1962年まで青年共産同盟を経て、1962年に労働党へ入党。

全国炭鉱労働組合[編集]

炭鉱労働者スト(1984年ロンドンにて)

1973年から1981年まで全国炭鉱労働組合ヨークシャー支部長を務めるが、この間誠実で勤勉な働きぶりと労働者の福利厚生に熱意を傾けていたことから、左派の間では一躍名の知られる存在となる[3]。1973年には炭鉱労働者のストライキで主導的な役割を果たし、これが元で翌年3月に時のヒース政権が崩壊する。

組合の一層の民主化を掲げて挑んだ1981年の炭労委員長選挙にて、70%の得票率を得て当選を果たす。炭鉱産業とこれに依存する共同体の将来を憂う立場から、サッチャー率いる保守党政権の政治姿勢には終始対決した。

1984年から翌年にかけてスカーギルが先導した炭鉱労働者ストライキは、組合の分裂などが響き労働者側の完敗に終わる。ストの後、圧倒的多数の支持を受け全国炭鉱労働組合の終身委員長に選出される(なお、この選挙はスカーギル以外の候補に十分な準備期間を与えられず、議論の余地のあるものであったとされる)。

2002年7月末、委員長職をイアン・レイヴェリーに譲り自らは名誉議長の座に就く。

社会主義労働党[編集]

1996年1月13日、労働党が綱領から産業の国有化条項を削除したのを機に、社会主義労働党を結成(正式な発足は5月4日)。スカーギル自身1997年2001年の各総選挙に出馬するも落選する。また、2009年欧州議会議員選挙では社会主義労働党の筆頭候補となる[4]

炭労委員長辞任後は、スターリンを擁護するなど政治的発言が目立つ。一方でポーランドの「連帯」を「社会主義の堕落」として長らく批判してきた。

脚注[編集]

  1. ^ The Times 10 January 2009, Retrieved 2010-01-09
  2. ^ McIlroy, J. (2004) "Al Richardson (1941-2003): An Appreciation", Revolutionary History Vol.8, No.4 pg.3
  3. ^ Books Review
  4. ^ List of candidates for the EU Parliamentary elections, accessed 19th May 2009 [1]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]