ア・ラフ・アウトライン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ア・ラフ・アウトライン
ブルートーンズ の ベストアルバム
リリース 2006年3月7日(イギリス)
録音 1995年2003年
ジャンル ロック
ポップス
レーベル ユニバーサル・レコード/スペリアー・クォリティ・レコーディング
ブルートーンズ 年表
ルクセンブルク
(2005)
ア・ラフ・アウトライン
(2006)
ザ・ブルートーンズ
(2006)
テンプレートを表示

ア・ラフ・アウトライン("A Rough Outline: The Singles & B-Sides 95 - 03")は、イギリスロックバンドであるブルートーンズコンピレーション・アルバム

解説[編集]

1995年の正式なデビューシングル「アー・ユー・ブルー・オア・アー・ユー・ブラインド」から、2003年の「ネバー・ゴーイング・ノーウェア」に収録されたほぼ全てのシングルA面・B面曲が網羅されているため[1]、タイトル通りバンドの「おおまかな全体像」が理解できるアルバムとなっている。

ディスク1はシングルA面集、ディスク2とディスク3はB面集となっており、ディスク3は初回限定となっている。メンバーはB面集として発売するつもりだったが、結局レコード会社の意向でA面集とのセットで三枚組での発売となったという。ちなみに日本盤は発売されなかった。

収録曲[編集]

Disc 1: The Singles[編集]

  1. アー・ユー・ブルー・オア・アー・ユー・ブラインド - Are You Blue or Are You Blind?
  2. ブルートニック - Bluetonic
  3. スライト・リターン - Slight Return
  4. カット・サム・ラグ - Cut Some Rug
  5. キャッスル・ロック - Castle Rock
  6. マーブルヘッド・ジョンソン - Marblehead Johnson
  7. ソロモン・バイツ・ザ・ウォーム - Solomon Bites the Worm
  8. イフ - If...
  9. スリージー・ベッド・トラック - Sleazy Bed Track
  10. 4デイ・ウィークエンド - 4-Day Weekend
  11. キープ・ザ・ホーム・ファイアーズ・バーニング - Keep the Home Fires Burning
  12. オートフィリア - Autophilia (Or How I Learned to Stop Worrying and Love My Car)
  13. マッドスライド - Mudslide
  14. アフター・アワーズ - After Hours
  15. ファスト・ボーイ - Fast Boy
  16. リキッド・リップス - Liquid Lips
  17. ネバー・ゴーイング・ノーウェア - Never Going Nowhere

Disc 2: The B-Sides[編集]

  1. ストリング・アロング - String Along
  2. コロラド・ビートル - Colorado Beetle
  3. ネイ・ヘア・オント - Nae Hair On't
  4. ザ・デヴィル・ビハインド・マイ・スマイル - The Devil Behind My Smile
  5. ニフキンズ・ブリッジ - Nifkin's Bridge
  6. シンプル・シングス - The Simple Things
  7. アイ・ワズ・ア・ティーンエイジ・ジーザス - I Was a Teenage Jesus
  8. アイ・ウォークト・オール・ナイト - I Walked All Night
  9. ブルー・シャドウズ - Blue Shadows
  10. ブルー - Blue
  11. プリティ・バレリーナ - Pretty Ballerina
  12. アルマゲドン - Armageddon (Outta Here)
  13. ザ・フェイヴァリット・サン - The Favourite Son
  14. ビー・ケアフル・ホワット・ユー・ドリーム - Be Careful What You Dream
  15. ヴォストーク・オブ・ラヴ - Vostok of Love
  16. ゼロ・トレランス - Zero Tolerance
  17. キープ・ザ・ホーム・ファイアーズ・バーニング (USヴァーション) - Keep the Home Fires Burning (U.S. version)
  18. フォック・ダ・ブレイン・ホール - Fock Da Brain Hole
  19. グルーヴィー・ルソス - Groovy Roussos
  20. リバース・カウ・ガール - Reverse Cow Girl
  21. サファー・イン・サイレンス - Suffer in Silence
  22. プラム・フェイス - Pram Face

Disc 3: More B-Sides[編集]

  1. ドリフトウッド - Driftwood
  2. グラッド・トゥ・シー・ユー・バック・アゲイン - Glad To See Y'Back Again?
  3. ドント・スタンド・ミー・ダウン - Don't Stand Me Down
  4. ザ・ウォッチマン - The Watchman
  5. ザ・バラッド・オブ・マルドゥーン - The Ballad of Muldoon
  6. ミスター・ソウル - Mr. Soul
  7. プリーズ・ストップ・トーキング - Please Stop Talking
  8. ソート・ユード・ビー・トーラー - Thought You'd Be Taller
  9. イッツ・ア・ボーイ - It's a Boy
  10. スープ・デ・ジュール - Soup du Jour
  11. マッドスライド (シャンディー・ウェザー・ヴァージョン) - Mudslide (Shandy Weather version)
  12. セイル・オン・セイラー - Sail On Sailor
  13. ウーマン・イン・ラヴ - Woman in Love
  14. インギマーション - Ingimarsson
  15. ムーヴ・クローサー - Move Closer
  16. ビート・オン・ザ・ブラット - Beat on the Brat
  17. チューギー・モンバッサ - Choogie Monbassa
  18. パースウェイジョン - Persuasion
  19. フリーズ・ドライド・ポップ - Freeze Dried Pop (Dumb it Up)
  20. ザ・ブルートーンズ・ビッグ・スコア - The Bluetones Big Score
  21. ザッツ・ライフ - That's Life

曲解説[編集]

Disc 1収録曲[編集]

  • M6「キャッスル・ロック」は、1995年の初来日の際に、日本で見つけたブルートーンズのブートレッグの曲目のクレジットで、「Cut Some Rug」が間違って「Castle Rock」と書いてあるのを、メンバーが面白がって本当に「Castle Rock」という曲を作ってしまったとのこと[2]。ちなみに今回がアルバム初収録。

Disc 2収録曲[編集]

  • M3「ネイ・ヘア・オント」は"No Hair On Top"の意、つまり老いていくことについて歌った曲だという。
  • M8「アイ・ウォークト・オール・ナイト」は、カントリーミュージシャンのハーガス・ロビンス作のカバー。
  • M9「ブルー・シャドウズ」は、映画「サボテン・ブラザーズ」挿入歌(ランディ・ニューマン作)のカバー曲。
  • M10「ブルー」は、ザ・レイン・パレードのカバー。
  • M11「プリティ・バレリーナ」は、レフト・バンクのカバー。
  • M12「アルマゲドン」には、バンドと親交のあるコメディアンのマット・ルーカスが参加している。

Disc 3収録曲[編集]

出典[編集]

  1. ^ 「ネバー・ゴーイング・ノーウェア」収録の「Never Going Nowhere (69 Corp vs The Bluetones)」のみ未収録。
  2. ^ 「カット・サム・ラグ」日本盤シングルライナーノーツ