アンリ・デ・トンティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンリ・デ・トンティ

アンリ・デ・トンティHenri de Tonti1649年または1650年 - 1704年9月)は、フランスに仕えたイタリア生まれの軍人探検家毛皮交易者。

アンリ・デ・トンティは恐らく1649年か1650年のどちらかに、イタリアガエータ近くで生まれた。資本家で元ガエータ知事のロレンゾ・デ・トンティは彼の父親で、現在のデトロイトを創設した一人、アルフォンス・デ・トンティは彼の弟である。

ロレンゾはイタリアナポリのスペイン領総督に対する反乱に関与し、アンリの誕生時の頃、フランスに亡命を余儀なくされた。

1668年、アンリはフランス陸軍に入り、後にフランス海軍に勤めた。シチリア戦争の間、アンリは手榴弾の爆発で手を失い、それ以来彼は人口装具のフックを手袋で覆い身に付けたため、「鉄の手」というあだ名が付いた。

1678年の夏、トンティは、著名なロベール=カブリエ・ド・ラ・サールと旅をした。ラ・サールはトンティを有能な仲間と認めていた。ラ・サールは、オンタリオ州に戻ってくるまでの間、トンティにイリノイ州のクレヴクール砦を持たせた。

1682年の春、トンティはラ・サールと共に旅をし、有名なミシシッピ川の川下りをした。トンティの手紙と日記は、これらの探検の価値のある情報源である。

1683年にラ・サールがフランスに戻った時、彼はトンティにイリノイ川沿いのセントルイス砦を任せた。3年後、トンティは、ラ・サールがメキシコ湾からミシシッピ川を上って戻ってくることを知り、自ら南へ行って川を上るラ・サールに会おうとしたが、見つけることはできず、戻る前にメキシコ湾に到達した。彼はアーカンザス川河口に数人の男を残し、後にアーカンソー州の歴史的な町、アーカンソーポストとなる交易所を作った。

1687年の間、トンティはイギリスとその同盟のイロコイとの戦いに従事した。1688年、彼はセントルイス砦に戻り、そこで見つけたラサール探検隊のメンバーが、ラ・サールが死んだ事実を隠していたことを知る。トンティは生存者を探すために遠征隊を派遣し、1689年の10月には彼自身も探しはじめた。

1690年の春、トンティはレッド川をのぼり、そこでテキサス州北東部のカドの村々に到着した。カドは彼らになんの支援もせず、トンティは撤退せざるを得なかった。

トンティは、1690年代と1700年代のはじめ、数度の金銭上の困難を経験し、ルイジアナ植民地を創設していたピエール・ル・モイン・ディベルヴィユと会うためにミシシッピ川を下った。トンティはルイジアナに到達し、植民に参加した。1702年、彼はチョクトーとチカソーの部族の使節に選ばれ、1704年に討伐隊を率いて、彼らとのいくつかの交渉を指揮した。

1704年の8月、トンティは黄熱にかかり、現在のアラバマ州モービルの近くのオールドモービルで死んだ。

外部リンク[編集]