アンドレ・モーロワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンドレ・モーロワ
André Maurois
アンドレ・モーロワAndré Maurois
 アンドレ・モーロワ
本名 エミール・サロモン・ヴィレルム・エルゾグ(Émile Salomon Wilhelm Herzog)
生年月日 1885年7月26日
没年月日 1967年10月9日(満82歳没)
出生地 フランスの旗 フランスノルマンディー地方エルブーフ
死没地 フランスの旗 フランスヌイイ=シュル=セーヌ
国籍 フランスの旗 フランス
職業 小説家・伝記作者・評論家

アンドレ・モロワ(André Maurois、1885年7月26日 ノルマンディー地方エルブーフ Elbeuf - 1967年10月9日 ヌイイ=シュル=セーヌ)はフランスの小説家、伝記作者、評論家。本名はエミール・サロモン・ヴィレルム・エルゾグ(Émile Salomon Wilhelm Herzog)で、ユダヤ系フランス人である。

生涯[編集]

ルーアンのコルネイユ高等学校(Lycée Corneille, Lycée Pierre-Corneille)卒業。アランに師事していた。第一次世界大戦には英語通訳官として出征する。1918年、処女作『ブランブル大佐の沈黙 Les silences du colonel Bramble』で認められ、以後アランの哲学の通俗化を基本としつつ広い教養、穏健な良識、柔軟な文体で小説、歴史、評論、伝記を書いた。小説では『気候 Climats』『血筋のめぐり Le cercle de famille』などが知られるが、小説的伝記と呼ばれる作品『シェリィ伝 Ariel,ou la vie de Shelley』『ディズレーリ伝 La vie de Disraëli』をはじめとして、バイロントゥルゲーネフヴォルテールなどの評伝が広く愛読された。イギリスの歴史・文学に詳しく、歴史作品『英国史 Histoire de l'Angleterre』(1937年)などがある。1927年1930年から1年間アメリカに滞在し、1943年『米国史 Histoire des Etat Unis』を出版する。また第二次世界大戦中はロンドン、アメリカにあり『フランス史 Histoire de la France』(1943年)などを発表した。

家族[編集]

1人目の妻はオックスフォード大学で勉強するロシア人のジャンヌ・マリー・ワンダである。彼女は1924年に敗血症で亡くなった。2人目の妻は、アナトール・フランスの愛人であったアルマン・ド・カイヤヴェ夫人の孫娘、また作家ガストン・アルマン・ド・カイヤヴェの娘のシモーヌ・ド・カイヤヴェである。

邦訳[編集]

  • ヂスレリ伝 ヴヰクトリア朝の世相 長岡拡訳 刀江書院 1930 
  • うつろひ クリマ 朝倉季雄訳 芝書店 1935 「愛の風土」新潮文庫 
  • アリエル シエリイの生涯 山室静訳 耕進社 1935
  • 魂を衡る男 原百代訳 作品社 1935
  • バイロン 木村毅訳 改造社 1935
  • 結婚・友情・幸福 河盛好蔵訳 岩波新書 1939 のち新潮文庫 
  • ポール・ヴァレリイの方法序説 平山正訳 仏蘭西文芸思潮叢書 白水社 1939
  • 英国史 水野成夫浅野晃,和田顕太郎共訳 白水社 1939 水野・小林正訳で新潮文庫 
  • 生活術 隅田久尾訳 伊藤書店 1940 
  • フランス敗れたり 高野弥一郎訳 大観堂 1940 ウェッジ復刊  
  • 軍医オグレィディの話 柳沢恭雄訳 万里閣 1940 
  • 新しき大戦 1939年大戦の原因 山内義雄訳 白水社 1940 
  • デブと針金 楠山正雄訳 第一書房 1941
    • デブの国とノッポの国 小林正訳 世界少年少女文学全集 創元社 1955
    • デブの国とヤセの国 榊原晃三訳 旺文社 1971 (旺文社ジュニア図書館)
    • デブの国ノッポの国 辻昶訳 子どものための世界名作文学 集英社 1979.4
  • フランスは遂に敗けた 新村猛訳述 博聞堂 1941
  • エドワァド七世とその時代 岡田真吉訳 白水社 1941 
  • 指導者の生涯 桜木康雄訳 伊藤書店 1941
  • アメリカ紀行 島田正一訳 大洋書房 1941
  • 伝記の諸様相 朝倉季雄訳 実業之日本社 1941 (伝記文学選集)
  • 知と愛の生活 永井直二訳 昭森社 1941
  • 私の生活技術 内藤濯訳 白水社 1941 のち新潮文庫
  • フランス戦線 高野弥一郎訳 大観堂書店 1941
  • 詩人と予言者 岩倉具栄,金子重隆,大槻憲二共訳 岡倉書房 1941 
  • ディッケンズ 寺島勧訳 新生堂 1941
  • ディケンズの芸術 岩崎良三訳 今日の問題社 1941
    • ディケンズ論 横田国男訳 弥生書房 1957
  • ツルゲーネフ小林竜雄訳 実業之日本社 (伝記文学全集) 1941
  • ツルゲーネフ伝 大塚幸男訳 河出書房 1941
  • ベルナール・ケネー 進藤誠一訳 白水社 1941
  • ブランブル大佐の沈黙 新田潤訳 通文閣 1941
  • 読心器 川本茂雄訳 大観堂 1941
    • 読心機 北村良三訳 早川書房 1969 のち講談社文庫
  • 夢に生きる人々 大野俊一訳 白水社 1941
  • リヨテ元帥伝 浅野晃,浅見篤共訳 白水社 1942
  • アラベスク 平野威馬雄訳 昭森社 1942
訳書は100冊以上ある。主な作品を以下。
  • 『天使と野獣 Ni ange,ni bête』 1919年
  • 『ショパン Chopin』 1942年
  • 『幸福な結婚 Sept visages de l'amour』 1946年
  • 『回想録 Mémoires』 1948年
  • ジョルジュ・サンドの生涯 Lelia ou la vie de George Sand』 1951年 新潮社ほか
  • 現代英国君主制 長寿吉訳 矢代書店, 昭和21
  • 愛の哲学 小林正訳 穂高書房 1946
  • ヴォルテール 生島遼一訳 創元社百花文庫 1946
  • イギリスの君主制 村上菊一郎訳 時事通信社 1946
  • アメリカの三つの亡霊 平野威馬雄訳 牧書房 1947 
  • アメリカ史 アメリカの奇蹟 鈴木福一、杉浦正一,別技達夫共訳 近代文化社 1949 のち新潮文庫 
  • 文学研究 片山敏彦訳 新潮社 1951 のち文庫 
  • 恋愛の七つの顔 河盛好蔵訳 新潮社 1951 のち文庫
  • 宿命の血 新庄嘉章,桜井成夫共訳 新潮社 1952
  • マルセル・プルーストを求めて 井上究一郎,平井啓之共訳 新潮社 1952 のち文庫 
  • フランス史 平岡昇三宅徳嘉中村真一郎山上正太郎訳 新潮社 1952-53 のち文庫 
  • 幸福な結婚 河盛好蔵訳 新潮社 1954 (一時間文庫) のち文庫 
  • ジョルジュ・サンド 河盛好蔵,島田昌治訳 現代世界文学全集 新潮社 1954
  • 仮装舞踏会 山口年臣訳 三笠書房 1954
  • フランスとフランス人 松尾邦之助訳 1957 (岩波新書)
  • フレミングの生涯 新庄嘉章,平岡篤頼訳 新潮社 1959
  • パリの女 朝吹登水子訳 紀伊国屋書店 1959
  • ヴィクトール・ユゴー 詩と愛と革命 辻昶,横山正二訳 新潮社 1961
  • 読書案内 文学のたのしみ 渡辺明正訳 紀伊国屋書店 1961
  • 生活の知恵 小倉多加志訳 南雲堂 1964
  • アラン 佐貫健訳 みすず書房 1964
  • 読書論 正続 谷長茂訳 駿河台出版社 1967-69
  • 初めに行動があった 大塚幸男訳 1967 (岩波新書)
  • 青年と人生を語ろう 谷長茂訳 二見書房 1968
  • 愛に生きるとき 未知の女性への手紙 谷長茂訳 二見書房 1968
  • 現代の教養 中島昭和訳 1968 (角川文庫)
  • 現代を考える 谷長茂,高橋治男訳 二見書房 1970
  • わたしの人生行路 壮年篇 谷長茂訳 二見書房 1970 (アンドレ・モーロワ人生論集 2)
  • 現代フランス作家論 プルーストからカミュまで 谷長茂等訳 駿河台出版社 1970
  • わがままいっぱいの国 榊原晃三訳 旺文社 1971 (旺文社ジュニア図書館)
  • 幻想論 三輪秀彦訳 1971 (新潮選書)
  • アレクサンドル・デュマ 菊池映二訳 筑摩書房 1971
  • 女の愛について 長島良三訳 読売新聞社 1975
  • 恋する女たち 長島良三訳 読売新聞社 1976
  • 私の生活技術 中山真彦訳 講談社 1978.3 「人生をよりよく生きる技術」学術文庫
  • 鏡の前のフェンシング 生者たちの対話 河盛好蔵,円子千代訳 弥生書房 1984.3

外部リンク[編集]


前任:
ルネ・ドゥミ
アカデミー・フランセーズ
席次26

第10代:1938年 - 1967年
後任:
マルセル・アルラン