アングリッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アングリッシュ(Anglish)は、英語の一種で、フランス語ラテン語ギリシア語等の歴史的な借用語を排除し、ゲルマン語に由来する単語に置き換えた英語。言語純化運動の一環として散発的に試みられている。

パンチ雑誌[編集]

ポール・ジェニングズ(Paul Jennings)が1966年に雑誌「パンチ」でノルマン・コンクェスト900周年を記念して外来語を用いないようにした文を書いている。

To be, or not to be: that is the ask-thing:
is't higher-thinking in the brain to bear
the slings and arrows of outrageous dooming
or to take weapons 'gainst a sea of bothers
and by againstwork end them?...
(ちなみに outrageous はフランス語の outrageux によるもので見落としと思われる。また mind はゲルマン系であるため置き換えなくともよい)

青目の英語[編集]

オーストラリアの作曲家パーシー・グレインジャーが「青い目(=ゲルマン)の英語」(blue-eyed English)と称してゲルマン語に置き換えた単語を私的な文章に使用している。

アンダーサクソン[編集]

1992年ダグラス・ホフスタッター(Douglas Hofstadter)がSF作家ポール・アンダースンからとってアングロ・サクソン語(古英語の別名)にかけた「アンダー・サクソン」という名前でゲルマン化を行った。以下は原子について述べた「Uncleftish Beholding」の一節である。

The firststuffs have their being as motes called unclefts. These are mighty small: one seedweight of waterstuff holds a tale of them like unto two followed by twenty-two naughts. Most unclefts link together to make what are called bulkbits. Thus, the waterstuff bulkbit bestands of two waterstuff unclefts, the sourstuff bulkbit of two sourstuff unclefts, and so on. (Some kinds, such as sunstuff, keep alone; others, such as iron, cling together in chills when in the fast standing; and there are yet more yokeways.) When unlike unclefts link in a bulkbit, they make bindings. Thus, water is a binding of two waterstuff unclefts with one sourstuff uncleft, while a bulkbit of one of the forestuffs making up flesh may have a thousand or more unclefts of these two firststuffs together with coalstuff and chokestuff.

上の文ではfirststuff=element=元素、mote=particle=粒子、uncleft=atom=原子、seedweight=gram=グラム、waterstuff=hydrogen=水素、bulkbit=分子、sunstuff=helium=ヘリウム、sourstuff=oxygen=酸素、chill=crystall=結晶、fast=solid=固い、standing=phase=状態、yokeway=bond=結合、forestuff=protein=蛋白質、coalstuff=carbon炭素、chokestuff=nitrogen=窒素 と訳語を用いている。

参考書籍[編集]

  • Paul Jennings, "I Was Joking Of Course", London, Max Reinhardt Ltd, 1968
  • Paul Anderson, "Uncleftish Beholding", Analog Science Fact / Science Fiction Magazine, mid-December 1989.
  • Douglas Hofstadter, "Speechstuff and Thoughtstuff", in Sture Allén (ed.), Of Thoughts and Words: Proceedings of Nobel Symposium 92, London: Imperial College Press. Includes a reprint of Anderson's article, with a translation into more standard English.
  • Douglas Hofstadter Le Ton beau de Marot: In Praise of the Music of Language, Basic Books, 1997, ISBN 0-465-08645-4. Also includes and discusses excerpts from the article.

外部リンク[編集]

関連項目[編集]