アルミラージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルミラージは、イスラームの詩に登場する、ウサギの姿をした神獣。インド洋に浮かぶ島に棲息すると言われる。その名前は、ムハンマドが昇天する際に通った天への道と同じ名前である。

体格は普通のウサギよりやや大きめで、黄色の体毛に覆われている。最大の特徴は、額から隆起する黒い螺旋状の角であり、その長さは2フィートにも及ぶ。

かわいらしい外見とは裏腹に非常に獰猛な肉食獣であり、自分より体格の大きい獣や人間までも、額の鋭い角で刺し殺して食べてしまう。食欲も旺盛で、自分の何倍もの大きさのある獲物を軽々と平らげる。そのため島の動物達はアルミラージを恐れ、常にその存在に怯え逃げ回っている。

島に住む人間達にとっても、アルミラージは、人間達自身や、彼らが飼育している家畜を襲うので恐怖の対象であった。そのため、アルミラージが出現したという風聞が発せられるやいなや、島の住民たちはアルミラージを駆逐するために魔女に依頼をすることになる。真に魔術の心得のある魔女は獰猛なアルミラージを手懐けて無力化することが出来るので、普通の人間でも危険を犯さずアルミラージを追い払えるようになる。

起源[編集]

アルミラージの由来となったのは皮膚病に感染したウサギだという。皮膚病を伝染させるウイルスに感染したウサギは額に腫瘍が発生し、赤く膨れて隆起する。隆起、膨張した額の腫瘍はまるで角が生えているような錯覚を見せ、またおどろおどろしさを醸成する。そこから猛獣アルミラージの伝説が生まれていったと言われる。

参考文献[編集]

  • 図説幻獣辞典(幻冬舎コミックス) 47ページ