バイエルン州立図書館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バイエルン州立図書館

バイエルン州立図書館(Bayerische Staatsbibliothek)は、バイエルン州の州都ミュンヘンにある州内の中心的図書館である。同時に、ドイツ語圏での最大級の図書館の一つでもある。

この図書館の前身は、バイエルン公アルブレヒト5世が建てたヴィッテルスバッハ宮廷図書館である。公は1558年にヨハン・アルプレヒト・ヴィドマンシュテッターJohann Albrecht Widmannstetter)の個人的な蔵書を図書館の基本的な蔵書とするために購入した。

1571年には、アルブレヒト5世はヨハン・ヤコブ・フッガーの蔵書も購入して拡充を図った。そこには次のものが含まれる。

  • フッガーから派遣された人員によってスペイン、イタリア、オランダなどで買い集められた約1万冊の本。
  • アルプス以北で最も重要な人文主義的な蔵書とされたハルトマン・シェーデルの蔵書から流出した写本インキュナブラ

それ以外の蔵書の劇的な増加は、ドイツの修道院が多く取り壊された1802年から1803年にかけて訪れた。この時に1000年以上にわたって蓄積されてきた稀覯書を、全体のごく一部ではあったけれども、ドイツの各州立図書館が救済する形になり、ミュンヘンにも流れたのである。

ヴィッテルスバッハ宮廷図書館は1919年にバイエルン州立図書館と改称した。

蔵書[編集]

外部リンク[編集]